ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

ドライブシャフトブーツ(左アウター)交換

2009 . 1

所要時間 06時間 00分


 汎用品のブーツを使用してのブーツ交換にチャレンジです。



2009 . 1. 26 56573Km ドライブシャフトアウターブーツ交換 所要時間 06時間 00分

 午前中はストレートまで工具を買いに行きました。
 まずは長年欲しいと思いつつも買えないでいたブーツバンドの締め付け工具です。
 ペンチなどで頑張って締め付ければ必要もないのですが、楽に締め付けしたいことと、スタビのリンクロッドが外れなかったときに、インナー側ブーツバンドの締め付けを、シャフトを車両に取り付けた状態で行わなくてはならないため、しっかり締め付けできるようにと思ったからです。


ドライブジョイントインサーター

 次に購入したのがタイロッドエンドプーラーです。(画像は後ほど)
無理だと思いつつも、買ってしまいました。スタビのリンクロッドが外せればいいのですが

 そして、この画像の新兵器。シャフトの組み付け時にクリップを縮める治具「ドライブジョイントインサーター」です。

 以前、右側のシャフトブーツを交換したときは、マニュアルにあるように、ホースバンドを使って挿入しようとしましたがうまく入りませんでした。1時間半かけてもだめで、結局知人にシャフトを支えてもらったら一瞬にして入ったという経緯がありました。

 シャンソンのブーツを交換したときは、シャフトと紐で縛って吊るして挿入するつるし法をあみだした(笑)ので、今回は心配はなかったのですが、なんだかこんな新兵器をみると使ってみたくなってしまいました。効き目はいかがでしょうか。

ドライブジョイントインサーター


 作業のとりかかりが遅くなってしまいましたので、できるところまで明日の準備とします。
 ドライブシャフトのナットを少し緩めているところです。35mmのソケットを使いました。(もちろんコッターピンは外してあります。)


 リンクロッドを外せたらいいなぁと思いつつ、コッターピンを外しています。


 スタビのリンクロッドが外せるか検討します。右のシャフトブーツを交換したときもプーラーが入らず断念しました。(スタビのリンクロッドが外せれば、シャフトがASSY丸ごと外せそうな予感がします。)

リンクロッドのナットを外したところです。


 買ってきたプーラーをあてがいましたが、予想どおり無理でした。(翌日シャフト抜いた状態でも試してみましたが、惜しくも無理でした。)


 こちらのプーラーでも無理。

 二股のクサビを打ち込むのもアーム手前側が出っ張っているので無理のようです。(リンクロッドのブーツを破いてしまいそうですし)


 汎用工具でできるいい取り外し方法はないのでしょうか。もう0度近くまで冷え込んできたので今日の作業は終わりにします。


インナー側

 昨日、スタビのリンクロッドを外すいい案が浮かばなかったので、右側シャフト交換の時と同じようにインナー側ジョイント部分で分離して取り出すことにしました。
 作業開始します。


 タイロッドエンドのナットを外しています。


 買っても使い物にならなかったプーラーを無理して使います。(笑)


 こちらも外します。


 プーラーで外しています。


 ドライブシャフトのナットを外しました。 これでシャフトが抜けるようになりました。ハブ部分を手前に引き出しながら、シャフトをプラハンでこんこんと軽く叩きました。


 抜けました。


 インナージョイント部分から切り離して抜き取ります。(同じようにシャフトを組みつけられるように、目印をメモしておきました。)

 私のCXは、右側のシャフトもそうでしたが、シャフトブーツのバンドは信じがたいことにタイラップが使われていました。やりにくいから?とも思いましたが、やりにくくもない小径側も対ラップでした。(笑)

 そのおかげでタイラップを外すことなく、軽く引っ張っただけで簡単にブーツが外れ、分離できました。いままでよく外れなかったものです。


インナー側

 残された部分(インナー側)はこんな感じです。


 取り外し抜き取ります。こんな感じでクリアランスがぎりぎりです。

 右側のときはインナーブーツをはめた状態では結局通過できませんでしたが、実際のところ左側は通過できるのでしょうか?
 今回は最初からあきらめ外してしまったのでわかりません。


 アウターのジョイント部を分解します。工具を持ち合わせていないので、シャフトをバイスで銜えて、銅ハンマーをあてた上を別のハンマーで叩きました。(いやな作業ですね)


 外れました。

 外れました。


ジョイント用グリス注入

 きれいに洗浄し、ジョイント用グリスを注入しています。


 シャフトのサークリップを新品に交換し、問題のジョイントへの挿入です。

 先ほど紹介しました新兵器の具合はいかに。セットしたところです。

 ホースバンドでクリップを押さえる方法では、いくらうまく締めてもシャフトのスプラインの凸部分でツライチになるところまでですが、この新兵器の良いところは、先端が細いので、スプラインの溝にうまく入りこみ、スプラインの凸部よりさらにいっぱいまで押さえこむことができるところでしょうか。

 また、接触部分が4点(線)なので摩擦が少なく、挿入時に簡単にスライドしてくれます。


 軽くプラハンでコツンと叩いただけで見事挿入できました。まあ、つるし法も簡単ですが、新しい便利ツールができたというだけでもちょっとうれしいですね。感激です。
 汎用ブーツにして浮いたお金で買ってもお釣りがきます。


 さあ、続いてのお楽しみです。今回発掘のブーツの具合はいかがでしょうか?はめるとぴったりしっくり!純正より良いかも?
 バンドなしでも走れそうです。(笑)


 アウター側のブーツバンドを締めています。


 今回シャフトを外してみると、本来、インナー側(ATとの接合部)にあるはずのOリングが付いていませんでした。きっと前回交換したときにつけ忘れたのでしょう。

 右側シャフトを交換したときに、純正Oリングを購入しました。当時採寸し、汎用Oリングを購入しましたので、その汎用品を使ってみることにしました。

型番JASO:F404-1028

 ホントは別の材質のものが欲しかったのですが、これしか作っていないと言われ(ホントカナ?)あきらめました。
注:私の採寸なのでご注意ください。


 インナー側もきれいに洗浄しました。また、シャフトの挿入時に触れてしまう恐れのある、挿入部分周辺の車体はきれいに洗浄しました。(砂等がグリスに付着しないように)

 インナー側ブーツの内側のグリースを洗浄するなら、ブーツを新品に交換したほうが楽ですね。インナー側ブーツを用意しておけばよかったです。(後悔)

 画像はシャフトを挿入するAT側です。


 ATへ挿入中です。


 インナー側にグリスを詰めシャフトを挿入っしました。目印に合わせて同じ位置に組み付けしました。
 次にハブ側も挿入しました。シールを傷つけないよう注意しグリース処理もしておきました。

 さて、本日の最終兵器です。ブーツバンドを締め付けます。

 クリアランスが少なくても締め付けできるように、バンドを締め付ける部分のハンドル(棒)を抜いて、13mmのスタビギアレンチをかけました。


 さて、本日の最終兵器です。ブーツバンドを締め付けます。
 右側の時はタイヤハウスからバンドを締め付けなくてはならず、手を入れるだけでも大変で締め付けに苦労しました。
 しかし、左側は幸いボディ下側からのアクセスができました。この隙間に感謝!

 バンドの締め付けは順調でしたが、バンドカット用のレバーがぎりぎりボディに干渉してカットするまで至りませんでした。工具を外した後にバンドを切断し完了しました。

 バンドカットのレバーを少し切断して短くしておけばカットまでできて完璧でしたね。


 シャフトのナットを仮締めして、タイヤホイールを取り付け、手でタイヤを回して最終確認です。

 ウマを外してシャフトのナットを38Kで締め付け、割りピンをつけて完了です。

 シャフトブーツ交換はグリースだらけでやりたくない作業のひとつですが、中身が見えないだけに自分でやらなきゃいけない作業ですね。私の場合作業が遅いし、関係ないところをグリースアップしたり掃除したりしてしまうのでいつも丸1日かかってしまいます。(泣)



※今回の画像が途中で曇っているのは、レンズにグリースが付着してしまっていたからです。どうかお許しくださいませ。