ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

フロントハイトコレクタオーバーホール

2009 . 2

所要時間 01時間 20分


 ハイトコレクタから若干のLHM漏れがあったので、先日部品取りのものと交換しましたが、こちらも漏れがありました。部品が届きましたので、オーバーホールすることにしました。



2009 . 2. 27 56583Km フロントハイトコレクタオーバーホール 所要時間 01時間 20分

 これが以前交換したもの。もともと付いていたものですね。

 オーバーホールといってもどうやるのか知りません(笑)。マニュアルにもやり方が書いてありません。とにかくばらしてみましょう。


 リンク金具をナットを外して取ってみました。


 外れました。


 ゴムのカバーを外しました。


 ダイアフラム(?)を押さえているリングを外しています。ただ嵌まっているだけでした。


ワッシャー類を外しました。


 ダイヤフラムを外しました。


 円盤状の押さえを外しました。ウッ!汚いLHMが溜まっていますね。


 スプリングを外しています。


 きれいに洗浄しました。


 次は反対側です。カバーを外しました。


 こんな感じです。


 また裏返してみました。シャフトのEリングを外してみました。


 薄い円盤状のものを外しました。


 また反対側です。ナットを外しました。


 円盤上の押さえ金具を外しました。


 ダイヤフラムを留めているリングを外しました。


ダイヤフラムを外しました。


 円盤を外しました。


 スプリングです。


 やっとでシャフト(?)が抜けました。汚いヘドロ状のLHMが溜まって(詰って)ました。
 こんな状態では流れが悪いでしょうね。


 きれいにヘドロを洗浄して組み立てに入ります。


 Eリングを取り付けて。


 スプリング


 順調に組み立て、ダイヤフラムです。新品です。

 調べ方が間違っていなければ、このダイヤフラムはSMと同じ部品番号みたいです。早速、まだ見ぬ10号SMのために追加発注しておきました。CXの店で買ったほうがずいぶん安いです。(笑)


 左が使い古しのダイヤフtラム。右が新品です。


 中心の穴が広がってしまっています。おまけに、この裏側にある出べそもつぶれてしまって、ここからLHMが漏れてきてました。この構造では何年か経てば、漏れてしまうのは致し方ないですね。(設計が悪いといっているのではありませんよ!合理的かつ必要十分でしょうか)


 ダイヤフラムをかぶせました。


 円盤(?)つけてナットをつけるのですが、このハイトコレクタは既に1度はOHされているようでした。というのも、このシャフトのネジ部分をペンチかなにかで銜えて反対側のナットを外したようです。かなりねじ山が壊れていました。


 なんとかナットで固定。


 反対側も復旧


 円盤


 ダイヤフラム


 ダイヤフラムをリングで固定


 円盤


 リンクの金具も取り付け


 一番上にかぶせるカバーです。別にこれは新品に換えなくても漏れには関係ありませんね。気分的な問題でしょうか。ダストカバーかな?


 はい完成!

 取り付けは翌日行いました。前にも書きましたので省略しますが、オーバーホールしたためなのか乗り心地が良くなりました。