ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

フロントハイトコレクタ取り外し(部品取車より)

2009 . 1

所要時間 02時間 30分


 フロントのハイトコレクタからポタッと垂れるようになりました。ディーラーにダイヤフラム等の注文に行ったのですが、「前はあったけど今は欠品」とのことでOHは断念。海外パーツ屋にはあったので注文しようとは思っていますが、とりあえず部品取車(Sr2)のものを使うことにしました。この部品取車は年式1987年走行3万kmなので、5号CXよりはまともだろうと期待してます。



2009 . 1. 17 56573Km フロントハイトコレクタ取り外し 所要時間 02時間 30分

 さて取り外し開始です。


弁当箱

 フロントハイトコレクタはこの弁当箱の中にはいってます。


 まず樹脂製のカバーと取り外します。このカバーは3つのパーツからなります。


 簡単と思いきや、奥の箱形のカバーが抜き取れません。力づくで引っ張っていいものか?部品取とはいえ、このケースも壊したくないので、少しずらした状態で取り外すことにしました。

 このカバーが付いたままだと、ハイトコレクタの固定ボルトM7−2本にアクセスできません。


三叉ジョイント

 ハイトコレクタには3本の高圧配管とリターン1か所がつながっていました。リターンの三叉ジョイントを外しました。


フレアナットレンチ

 高圧配管をフレアナットレンチで外しています。サイズは8mmです。


遮熱板を外し

 邪魔な遮熱板を外しました。1本目。10mmレンチ使用


2本目

 2本目。10mmレンチ使用


3本目

 3本目。これは緩めるだけで抜き取れました。10mmレンチ使用。


遮熱板の取り外し

 遮熱板の取り外し完了しました。


 上側の高圧配管を外しています。


 配管が抜けました。


 これが抜き取れない樹脂カバーです。(右タイヤハウス側からのそいた画像です。)


ハイトコレクタの固定ボルト

 さて、これが問題のハイトコレクタの固定ボルトです。2本です。


 なんとか2本のボルトを1時間以上かけて外しました。

 ボルトを外すとハイトコレクタが外せました。ボールジョイントの部分は、圧入されているわけでもなく、簡単に分離できました。


 ハイトコレクタの外したあとです。


 結局、抜き取れなかった樹脂カバーは、どこに引っかかっていたわけでもなく、もう少し強く引っ張ったら抜き取れました。最初から抜きとれていたら2時間もかからなかったのに残念です。

 外したハイトコレクタのカバーをめくってみました。漏れはなさそうでした。