ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

フロントハイトコレクタ交換

2009 . 1

所要時間 03時間 00分


 ポタッとLHMが垂れ始めてきたフロントハイトコレクタですが、部品取車から外してきたハイトコレクタと交換することにしました。



2009 . 1. 18 56573Km フロントハイトコレクタ交換 所要時間 03時間 00分

 まずはジャッキアップ。といってもスロープをハイドロを使ってウマをかいます。余談ですが、ハイドロで良かったと思うことはウマがけが楽であることでしょうか。(その反面、フロント中央部にジャッキアップポイントがないのは辛いですけどね。)

 そうそう、BXを購入したての頃、路上で洪水に遭遇して国産車達が動かなくなっているところを切り抜けられたということもありました。


 フロントタイヤハウス内のカバーを外しました。ここからフロントハイトコレクタにアクセスできます。


底の部分

 車高を下げ、油圧を抜きました。
 三分割の樹脂のカバーを外します。これは底の部分です。


側面

 二つ目の側面のカバーです。


 2つのカバーが外れたところです。


奥のカバー

 奥のカバーがいろいろ干渉しているのではずしづらいです。
 うまく歪ませながら抜き取ります。部品取車で取り外しの練習をしましたので楽勝です。(タイヤハウスからのアクセスです。)


 カバーを外したので、タイヤハウス側からハイトコレクタが見えるようになりました。


 邪魔になる遮熱板をはずします。
 1本目(10mmレンチ使用)


2本目

 2本目(10mmレンチ使用)


 3本目(10mmレンチ使用)これはゆるめただけで外せました。


高圧配管1

 高圧配管を外しました。1本目


三又

 リターンの三又をはずしました。


 高圧配管2本目


3本目

 3本目


 次に、ハイトコレクタ本体の固定ボルトM7を外しました。1本目
 タイヤハウスからのアクセスです。


 2本目です。


 さて外れました。カバーをめくってみると・・・。画像ではよく見えませんがLHMが・・


 続いて、部品取車から外してきたハイトコレクタの取り付けに入ります。
 先に、上の高圧配管を差し込み仮締め付けしておきました。もちろんパイプシールは新品に交換しました。


 ハイトコレクタの固定ボルトの締め付けです。これが意外とやりづらかったです。手を入れると暗くなって見えづらいし・・・。


 右側はさらにやりづらい。3/8のエクステンションバーではちょっと太すぎて干渉してボルトが垂直に挿入できません。

 結局、1/4のエクステンションラチェット+ユニバーサルジョイントを使いました。


 のこりの高圧配管を接続しています。


 はい接続完了です。


 あとは、問題の樹脂カバーの挿入です。

 右フロントタイヤハウスからと車の下のもぐったりを繰り返して干渉する部分を避けながらゆっくり挿入します。(ボールジョイント部にはシャーシグリスを塗りました。)


 位置の調整には、ドラムブレーキのスプリング用のツールを使いました。ちょっとカバーを手前に戻したいときに、先のフック部分をカバーの縁に引っ掛けて位置だしできました。


 はい!やっとで定位置におさまりました。


 あとはカバーを戻し、遮熱板を取り付け完了です。