NEW!

ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

フロントサスアッパーアームベアリンググリースアップ

2009 . 3

所要時間 07時間 00分


 リアサスペンションアームのベアリングがそれほど痛んでなかったのをいいことに、フロントサスペンションアーム(アッパー)のベアリングもまだ使えるだろうということで、分解−>グリースアップをすることにしました。
 ついでに、ドライブシャフト右交換、各ボールジョイントグリースアップ、ATドライブシャフトシール交換もやっておきます。



2009 . 3. 14 56583Km フロントサスアッパーアームグリースアップ 所要時間 07時間 00分

 ドライブシャフトのナット、ホイール等を外し、タイロッドエンドのナットを外します。雨なので合羽を着ての作業です。雨風が避けられるガレージが欲しいです。


 準備完了です。


 ついでにドライブシャフトを交換するつもりなので、ドライブシャフトも外すことにします。
 毎回ドライブシャフトを外すときに挫折するアンチロールバーリンクの取り外しです。このリンクが外せれば、ドライブシャフトを分解せずにASSYのまま抜き取れそうな気がしてなりません。

 先日、omuraisucxさんのナンダカマッスグアルケナイを見ていたら、リンクをアッパーアーム側ではなくアンチロールバー側を外しているではないですか。ホント目からウロコでした。よく考えもせず、アンチロールバー側はさらにクリアランスが狭いため無理だと決めつけてしまっていました。1度はリムーバーを当てがえたものの、「リムーバーの締め付けができないだろうな」とあきらめていました。ヘインズでも「アッパーアーム側を専用工具で外す」としかなかったのでアッパーアーム側を外すことのみ集中していました。反省デス


 この方法だと私の持っているセパレータでもできそうです。使ったのはこのセパレータです。購入先は今は亡きツール王国です。安物工具ですが使えるでしょうか。(7,000円位でした。今でも同じような輸入工具店で売ってるかもしれません。)


 銜えたところです。車体内側方向へのクリアランスを作るため、アンチロールバーを少し上げておきました。


 セパレータを回します。クリアランスは少ないですが、それほど締めづらくはありませんでした。


 外れました。感激です。

 個人的にはCXの軽整備の中での最難関がこのリンクの取り外しだと思っていましたのでもう怖いものはありません。


 タイロッドエンドを外しています。


 こちらも外します。


 ドライブシャフトをハブから抜きました。


 こちら側は右側ですのでドライブシャフトは長いほうです。ベアリングの固定のカムを回すためナットを緩めています。


 これでベアリングの固定がフリーになりましたのでドライブシャフトを抜くことができるようになりました。少し抜いたところです。


 いままでシャフトにブーツをつけたままでは通過できなかったところです。リンクを外した状態なら通過できました。


ドライブシャフトASSY取り外し完了です。


 参考までに、こちらがドライブシャフトを抜いた後の様子です。ベアリングの固定部分です。ベアリング押さえの下部が2つ見えます。


 次はアッパーアームを外すので、シリンダとの接続を切ります。コッターピンを抜きました。


 アームの軸となるボルトを外します。24mmのメガネとソケットで外しました。


 ボルトが抜けました。


 アームとボディ側の間にはシムが1枚挿入されていました。(手に持っているのがシムです)


 アッパーアームの取り外し完了です。


 アッパーアームを外すという目的は達成されたのですが、せっかくなので、リンクのボールジョイントにグリースアップをすることにしました。リンクをアッパーアームから外すためボルトを外しています。


 こちら側も同じセパレータで挑戦します。車載状態ではクリアランス不足からうまく掛けることができませんでしたが、取り外した状態では邪魔をするものがなく楽勝モードです。


 難なく外れました。
 今までさんざんいろんなセパレータを買ってきましたが無駄なことをしていました。(;_;)
 これで専用セパレータが無くても何とかなりますね。長年の悩みも一挙解決です。公開してくださったomuraisecxさんに感謝!


 さて本題のアッパーアームのグリースアップをすべくベアリングを取り外します。リアと同じように、カラーを叩いて抜きます。


 外れました。


 ベアリングはまだまだ使えそうです。


 リアと同じように、ニップルを付けることにしました。


 ベアリングにグリースを詰めてセットしました。さらに、ニップルからグリースを注入します。ベアリングの隙間からグリースが出てきたところでシール、ワッシャーを挿入して完了です。(シール等の挿入時は一旦、ニップルを外しました。)

 あとはグリースを詰められるところには詰めておきました。

 このように、リア、フロントとサスアームのグリースアップをしましたが、ベアリングはまだまだ大丈夫でした。グリースはカラカラだったので、このまま乗り続けていたら危うかったかもしれませんね。5万Kmくらいで要チェックですね。