ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

ヘッドライトメッキもどき処理

2009 . 1

所要時間 04時間 10分


 前回車検を受けたとき、ヘッドライトの反射鏡のメッキ剥がれで光度不足となってしまいました。
 その時は、なんとか7号CXから拝借して合格しました。しかし、車検を通ったとはいってもぎりぎりの光度。夜道はとても暗いです。

 再メッキでも頼もうかとも思いましたが、近くには引き受けてくれそうなところはなく、ディーラーにも聞きましたが、「新品を買ったほうが安いですよ」とも言われたため、ものは試しということでメッキ調スプレーで試してみることにしました。



2009 . 1. 10 56567Km ヘッドライトメッキもどき処理 所要時間 04時間 10分
クロムもドキッ

 ホームセンターで2社ほどのメッキ調スプレーを見つけました。親切なホームセンターは実際に吹き付けたサンプルも置いてありました。それを見る限りでは、反射鏡としての役割には程遠い仕上がりでした。

 そこでネットで検索すると、「クロムもドキッ」というなんともふざけたネーミングのメッキ調スプレーを発見しました。あまりものきれいさにクロムメッキもドキッとしてしまうというのがその名の由来のようです。(クロムもどきですね)

 しかし、調べていくと、塗膜は弱いようです。今回は、レンズ内なので塗装面に手を触れることはないのですが、後の問題は温度です。メーカーに聞いてみたところ、温度は100度までとのことで、ヘッドランプ用途には適さないということでした。後は自分で試すしかありません。多少変質しても、一部分が剥がれたとしても、現状のほぼすべてがはがれてしまっている状況よりはましでしょう。


めっきタッチスプレー【スプレー】 ローバル クロムもドキッ 私はこのリンク先とは違う店で購入しましたが、この店が安くて送料も安いですね。意外と箱売りの店ばかりで困りました。


ヒートガン

 まずはレンズを外さなくてはなりません。うまくいけば熱で柔らかくなるコーキングを使っているかも?とヒートガンで温めました。


 簡単に剥がれました。よかった!


処理前

 こんな感じで見事はがれています。車検が落ちるはずです。


錆処理

 残念なことに、各塗装面には所錆びが出ています。削っていつものラストリムーバー処理です。


足付け

 塗装する面は足付け処理をしました。


 完全に残っているメッキを剥がそうとも思いましたが、実験の意味も含めて少し残してみました。


メタルプライマー

 「クロームもドキッ」の下地処理はどうしたらよいのかわかりませんので、メッキ面も一部は残っているので非鉄金属用のサフェーサーを使いました。(正しい方法かはわかりませんのであしからず)


 サフェーサーを吹き付けました。(レンズとの接着面は塗料がのらないようにマスキングしました。)


1回目

 さて、お楽しみの「クロムのドキッ」の吹き付けです。(1回目)


2回目

 2回目です。あきらかにホームセンターでみたものよりメッキに近いです。


シールコート

 塗膜が弱いとのことで、2CVレストアの時、アルミなど磨いたあとに処理していた「シールコート」を吹いたらどうだろか?と吹いてみたところ・・・・・。

 結果は、せっかくの輝きが半減してしまいました。これではホームセンターでみたものと同レベルか!

 画像右側のユニットがシールコートを吹いたあとです。左は「クロムもドキッ」のままです。画像でも輝きの違いがわかりますね。


 この上からもう一度「クロムもドキッ」を吹いておきました。


クロムもどき

 処理完了です。その名の通りクロムもどきですね。(笑)


コーキング

 さて、レンズの貼り付けです。レンズの内面には一応曇り止めを塗っておきました。(効果のほどはわかりませんが)

 使用するコーキングですが、普通のシリコンコーキングなどでは剥がす時が大変そうです。修理工場とかでは普通のものを使っているところが多いようですが、後のことを考えて、熱でやわらかくなるものを使いました。


 コーキングのノズルは3mm弱の穴を開けて適量を塗りました。


 さて、レンズの上に反射鏡を被せて完了です。


 前から見た感じです。メッキよりは反射率は落ちますが、処理前とは比べ物になりません。

 あとはじっくり寝かしてコーキングを固まらせます。


さて、光度がどのくらい上がるか、はたまた熱でどう変質するかは取り付け後のお楽しみです。取り付けは後日行う予定です。またレポートします。