ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

リアハブベアリンググリースアップ(左)

2009 . 1

所要時間 02時間 00分


 ずーっと気になり続けていたリアハブベアリングのグリースアップを行いました。
 購入時から走行時にタイヤのパターンノイズのような音がでていました。とはいってもラリータイヤ(トラマス)程の大きな音ではなく微妙なところでした。左右均等な大きさに聞こえるし、雨の日は少し小さな音に聞こえるようだし、タイヤのパターンノイズなのか?と思っていました。

 しかし、ベアリングの疑いも消せ切れずにとりあえずグリースアップをすることにしました。



2009 . 1. 31 56573Km リアハブベアリンググリスアップ 所要時間 02時間 00分
キャリパー分解

まずはディスクロータをはずさなくてはなりません。
キャリパーをずらせばとれるのかと思ったら、そんな構造ではありませんでした。キャリパーを分割しないと無理そうです。

8mmのレンチでボルトナットを緩めてカバーが外れます。ボルトは途中まで抜けば大丈夫そうでした。


キャリパーの固定ボルト

 キャリパーの固定ボルト(上)を緩めています。


 こちらは下側です。


 パッド取り外し完了


分割完了

キャリパーが分割できました。


 ディスクロータ固定用のねじを外しています。


 ロータが外れました。


 ハブを外します。6mmのヘキサゴンを使いました。命のボルトですね。


 取り外し完了です。


 この通りグリースがカラッカラです。いくら引っかかりがなくてもここまで乾いていると音が出ても仕方ないのかもしれませんね。


 これ以上の分解は、ナットが高トルクで締め付けられているようなので、私のバイスでは無理そうなのでこの状態でグリースアップしました。


 ボルトを規定トルクで締め付けました。


 ロータを取り付け、その他復旧しました。エア抜きをして完了です。