NEW!

ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

リアサスアームベアリンググリースアップ

2009 . 3

所要時間 02時間 00分


 リアサスアームの動きが渋かった訳ではないのですが、延命化のためグリースアップをすることにしました。ベアリングが酷い状態だったときのために、OHキットは用意しておきました。



2009 . 3. 7 56583Km リアサスアームベアリンググリースアップ 所要時間 02時間 00分

 まず、カラーを抜かなくてはなりません。プレスは持っていないのでやりたくはないですが叩くしかありません。
 叩いて抜きます。そんなに硬くはなかったです。


 はい!抜けました。  反対側のベアリングとシール、スラストワッシャーも一緒に抜けました。
 グリースは抜けているもののまだまだ使えそうです。アームを動かしたときの動きがスムーズだったのもうなずけます。このままグリースアップして再使用することにしました。


 ベアリングはこんな感じです。


 Mixiで教えていただいたのですが、アームとカラーの間の空間にグリースを詰めるためのグリースニップルをつけつ方法があるとのことでした。

 なるほど、分解して構造をみると納得。組み付け時にベアリング単体にはグリースを付けて挿入することは可能ですが、カラーの空間まで詰め込むことは、治具を作らない限りは困難です。治具を作るより簡単なのはグリースニップルをつけることですね。
 カラーの間にもグリースが詰まっていれば、グリース切れが起こるまで多少は長持ちするのでは?ということでニップルをつけることにしました。(強度の面ではマイナスになるので自己責任での取り付けです)


 6mmのニップルを買ってきました。下穴をあけタップを切りました。

 切子をきれいに洗浄して、取り付け完了です。


 ベアリング、シール等はきれいに洗浄して再使用します。


 ベアリング挿入しました。


 グリースニップルからグリースを注入しています。


 グリースがベアリングの隙間からニュルニュルと出てきたら


 シール等をはめ込んで完了です。(反対側も同様に)


 おまけ:ついでにサスシリンダのブーツを新品に交換しました。