ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

ステアリングラック取り外し

2009 . 2

所要時間 07時間 00分


 LHMは漏れていませんと言われ購入したCXですが、車両が届いてびっくりがっかり。
プランジャーのプラグにはコーキング。ブーツからLHMが出てこないようにタイラップで締め付け偽装工作されていました。
それ以来、直さなきゃ直さなきゃと思い続けて5年以上。漏れもひどくなってきたのでついにチャレンジです。



2009 . 2. 18 56583Km ステアリングラック取り外し 所要時間 07時間 00分

 タイヤを外し、まずはパーキングブレーキケーブルのガイドの取り外しです。


タイロッドエンド分離

 タイロッドエンド部分を分離しました。


 ステアリングを回してしまわないようにベルトを通しておきました。


 ピニオンの位置を固定するため、シャフトの穴に割りピンをさしました。また、ステアリングカップリングを組み付け時同じように組み付けできるように各部にマーキングをしました。


 カップリングのステアリング側を外します。こちら側はタイヤハウスからアクセスしました。


 こちら側はエンジンルームからのアクセスです。


 カップリングのピニオン側の固定ボルトナットを緩めています。11mmソケットとユニバーサルジョイ ント、ロングエクステンションを使いました。


ラック本体固定ボルト1

 さてラック本体の取り外しですが、ラックはサブフレームにボルト4本で固定されていました。
 まず1本目。


ラック固定ボルト2

 2本目
 下からのアクセスです。


ラック固定ボルト3

 3本目
カップリング側です。上からアクセスです。


ラック固定ボルト4

 4本目です。右側タイヤハウスからのアクセスです。


 おっと!遮熱板をはずすのを忘れていました。
 遮熱板を外しています。


 はい外れました。


 こちらの遮熱板も外します。


 はい外れました。


 LHMの圧を抜いておかなくてはいけませんね。


LHM配管接続はずし

 ラックへつながるLHM配管類を外すことにします。
 右側の配管は右側のタイヤハウスからアクセスしました。
 ハイトコレクタのカバーが少し邪魔なので、ちょっとだけずらして作業しました。
 リターンの三又を抜きとりました。


 右側の太い配管は12mmのフレアナットレンチを使いました。


 外れました。


 隣の配管を抜き取った後、9mmのフレアナットレンチで取り外しています。

  これで、配管の分離完了です。


 次にカップリングを外します。
 外しに取りかかろうとした時、「まてよ。ピニオン側はそのまま残しておいたほうがあとあと調整が楽 かな?」と思いカップリングを途中で分離することにしました。
 幸い私のCXは、ラックの抜き取りに障害となるものがあまりないので、を取り付けたままで抜き取れ そうです。
 外しています。

 本来ならこの作戦はうまくいくはずだったのですが、現状でカップリングがずれていたので(過去にカップリングでセンタリングを調整された時に、調整範囲を超えてはめられていて、カップリングの調整カムのベースがひしゃげていた)カップリングを正常な状態にすると、センタリングがずれてしまい、結局再調整が必要になってしまいました。


 こちらも外します。


 この状態でラックの抜き取りに入ります。


 ラックを引き抜きはじめました。邪魔になるものは、ピニオンシャフトの先に見える配管だけでした。

 途中、配管をちょっと持ち上げくぐらせるだけで簡単に抜き取れました。


 すすすーっと難なく抜き取り完了です。

 私の場合はツインエアコンでもなく、ブレーキバルブも小型のものでしたので、とても楽でした。


 こんな感じです。変なチューブはご愛嬌(笑)


 外した後の車両側を覗いた様子です。

 あとはステアリングラックオーバーホールへ続きます。