ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

ステアリングラックオーバーホール

2009 . 2

所要時間 01時間 00分


 取り外しが大変だという噂でなかなか手を付けられませんでしたが、難なく取り外し完了しました。次はシールキットを使ったオーバーホールにはいります。



2009 . 2. 18 56583Km ステアリングラックオーバーホール 所要時間 01時間 00分

 タイロッド側と分離します。


 外します。


 はい!分離完了です。


 最初にまず、ピニオン部分の分解をしました。
 割りピンを抜きます。


 プラグを抜きます。(本来ならゴムのダストプラグがありますが、私のCXにはありません。)
 こんな工具の使い方はいけないですね。でもぴったりでした。(笑)


 プランジャーを押さえるスプリングを外しました。


 プランジャーを抜き取りました。既に分解した3個のラックは簡単には取り出せませんでしたが、簡単に取れました。 さすがLHMにいつも満たされていただけありますね。(笑)


 元通りに組み付けるため、ピニオンの穴にピンを挿した状態での左右のロッドの出ている寸法を 測っておきました。本来は同じ寸法なのだと思いますが、微妙なところで無理なのでしょうか。とはいっ ても今回は現状復帰が目標なのでこの測定した寸法に合わせます。

※マニュアルでは左右同じ長さの状態で組み付けることになっていますので、マニュアルに従う場合は測る必要は無いと思います。


 クランププレートを外す前に、マーキング(とポンチ)をしておきました。
 クランププレートの固定ボルトを外しています。11mmメガネ使用


 外れました。ベアリングはグリースアップすればまだ大丈夫そうです。


 次はラックハウジングロッドのナットを外すところでしょうが、後々のことを考えて(軽く緩められる ように)先にラックのスリーブナットを少しだけ緩めておくことにしました。


 ラックハウジングロッドのナットを緩めています。13mmメガネとモンキーを使用しました。


 こちら側も同様に


 これで2個のナットが外れました。


 ラックハウジングとシリンダーを分離しているところです。


 分離完了です。


 ピストン付きラックを抜き取りました。


うーん。予想したとおりピストンにくっきり腐食の跡が、、 。


 シリンダーを外しました。


 こんな状態です。


 ナットがなかなか緩みませんでした。


 さて分解はこれまでですね。ここから組み立てです。


 これがウン年前にディーラーから購入したシールキットです。


 キットの中身です。実はキットの中身が間違っていました。(涙)
総数は合っているのですが、1個余計で1個足りませんでした。購入したディーラは店を閉めてしまいましたし、当時はまだ新西武だったのでクレームをつけようがありません。あきらめるしかないですね。


 ピストンに腐食がありましたので、購入しておいた中古ラックのピストンを使うことにしました。

 後日談:ピストンとシールキットを購入(新品)しましたので、次回OHするときは完璧にできそうです。


 実はこの記事を書いているのは作業してから2ヶ月以上経っている状態ですので、なかなか思い出せず、うまくコメントできません。ここからしばらく先は画像だけでお楽しみください。申し訳ありません。











































 左が外したもの。右がキットに入っていたものです。先ほど書きましたが、大きさが違うものが入ってました。













 カップリングの金具を外します。


 外れました。


 シャフト部分を抜きました。


 シールを外しました。


 外れました。


 新品のシールを入れて組み立てます。


 組み立て完了






 規定トルクで締め付けます。




 このシール(白)が曲者です。少し大きめなのでシリンダー内に押し込むのが大変でした。

シールを収めるのに苦労してしまうところが、BXのピニオンバルブOHの時を思い出してしまいますね。


 


 規定トルクで2本均等に締め付けます


 ロッドの出を分解時に測った寸法に合わせました。


 ピニオンを挿入します。


 プランジャーを入れます。


 スプリングを入れます。



 はい完成です。コメント少なく失礼しました。