ちょいんちょいん

ちょいんちょいん5号CXファミリアール整備日誌

ステアリングラック取付

2009 . 2

所要時間 08時間 00分


 ついに取り付けまできました。何事もなく終わればいいのですが、、、。



2009 . 2. 24 56583Km ステアリングラック取付 所要時間 08時間 00分

 実は内緒の話ですが......

 いけないこととは思いつつ、プランジャーの部分からLHMが漏れないようにシールしてしまいました。


 中央の穴は、6角のネジにシールテープで完璧にシール。(本来はゴム栓がつきます。ゴム栓の穴には元々ネジは切ってありました。)

 私の場合、この部分にホースをつないでLHMを回収しようとしましたが、つないだホースの先端をラックより上方へあげてしまうと、吸い取らない限り回収はできませんでしたので、今回はホースではなくふさいでしまうことにしました。念のためラックブーツは穴あきのものにします。(OHしたのにもう漏れることを想定しているのが悲しいです。)
 あくまでも邪道です。プランジャーの隙間をうまく空気が抜けるかはわかりませんが、まあLHMが漏れてくるのだからあまり気にしないでおきます。


 さてこれからここに挿入します。


 ラックをつける前のクリアランスがあるうちに、LHMリターンホースを補修しておくことにしました。悪い部分を切って継ぎ足します。


 こんな感じです。


 こちらはホースバンドをつけて漏れないようにしておきました。


 さて、これからこのASSYを取り付けます。


 ピニオンにカップリングの接続部分(名称不明)を、取り外しからポジションを維持したままなので、外さずに取り付けすることにします。
 私のCXはやる気になれば1分もあれば挿入できるようなクリアランスです。聞くところによりますと、ツインエアコンのCXはクリアランスが少なく大変苦労するようです。ツインじゃない私のCXは涼しくないですが、利点もあったようです。(笑)


 ラックが一応ポジションについたところでカップリングを挿入することにしました。


 カップリングを取り付けようとじっくり見ていると....。ガーン

 カップリングが、5号CXに付いていたものは、調整カムが勘合する穴からずれた状態で、カムのついたプレートが曲がっていました。おそらく、プレートを固定しているナットを緩めずに回そうとしたか、カムの回転の範囲外まで回そうとしたのか、組み付け時にカムと穴を勘合しない状態で締付けてしまったのかは定かではありませんが.....。

 どちらにしても、程度の良い部品取りの部品を使うことにしました。


 左が正常品(部品取り)、右が曲がったもの。

 つまり、当初のもくろみの「付いていた状態そのまま組み付ければ調整不要!」でした。カップリングを付いていた状態にするということは、調整部分のプレートがひしゃげた状態で組み付けることになります。そんな組み付けはしたくないのは人情。つまり、もくろみ失敗で調整はしなくてはならなくなってしまいました。


 気を取り直してカップリングを取り付けました。


 カップリングが取り合えず挿入できたので配管を接続することにしました。
   まずはリターン側です。(私のCXの場合は、もしかしたら外さなくてもラックが抜けたかも?)


 三叉は、シマリが悪くなってきているので、ホースバンドをつけました。


 左側の取り付けです。9mmフレアナットレンチ使用


 右側接続完了


 右側も接続完了


タップで修正

 ラックの固定に入りますが、ちょっと苦労。最初下側からボルトを入れた状態で、左上のボルトがうまく入りません。(サブフレームがちょっと歪んでいるのかも)
 あきらめて、下側からボルトを抜いて、上側からボルトを入れました。
 今度は左下がどうしても入りません。誰かにちょっと押さえてもらえば簡単に入る程度のずれなのですが、家族に頼むこともできず、無理して入れたら、、、、。

 恥ずかしながらねじ山をだめにしてしまいました。(;_;)
 やむなくタップでねじ山修正しました。情けなく反省モードです。(画像はタップで修正しているところです。)

 かれこれ20年以上前の学生時代、71レビンにエアコンをつけていた頃に、配管のフレアナットを山違いをしてしてしまいました。アドバイスをしてくれていた親切な電装屋さんにすぐさま電話。すると「斜めでもいいから締め付けてしまいなさい」とのことで、幸いOリングのある接続部だったので、なんとか漏れもなく生涯全うしました。
 ということもあって、それ以来ネジ山には気を付けてきたつもりでしたが、、、反省しきりです。


 なんとか、復旧して固定完了。


 カップリング部分を最終締め付け中です。


 高圧配管を固定していた部分のスポンジゴム?が痛んでいたので作業用マットをくりぬいて新調しました。

 そういえば、取り外しの項でこの部分を外したことを書き忘れていました。失礼しました。


 組み付けました。

 タイロッド部分を復旧してとりあえずエンジン始動です。延べ3日をかけた(少し横道それましたが)作業で祈る一瞬です。
 セルフセンタリングも良好。どうやら漏れもないようです。
 ひとまず遮熱板を取り付け今日の作業は終わりとします。
とりあえず感想としては、いままで「大変だ」「シールを変えてもすぐ漏れてしまう」とか噂を聞いていて、CX購入時から躊躇していました。すぐ漏れてしまうかはまだわかりませんが、「大変」については思ったほどではなかったですね。ツインエアコンではなかったのが救われました。私は作業が遅いので3日かかってしまいましたが、慣れた人なら1日でちょっとでできてしまうのかもしれませんね。もうすぐ発注済みのピストンとシールキットが届くと思います。すぐに使うことにならないと良いですが、、。


 後日談:直進調整は、1回カップリングを外し、スプライン部をずらす作業があったものの、意外と簡単に調整できました。まだ漏れてはいません。(笑)