少しでもお金をかけずに整備をするために/自作工具&自作治具

 学生時代は特に工具にお金をかける気は全くありませんでした。工具も一応JIS品は買うもののホームセンターで安いブランドを買っていました。  幸い特殊工具などは自動車部に一揃いあったので困ることはありませんでした。卒部してからしばらくの間は特殊工具の必要な整備は避けてきました。
 しいてあげればスプリングコンプレッサー(特殊工具に入るかは?ですが)だけは買った記憶はありますが、今のような輸入工具の激安工具店が無かったので高かった記憶があります。 しかしシトロエンを所有してからはそうもいってられず汎用工具では物足りなくなってきました。やむを得ず作り始めたのがこれらの工具、治具です。 自慢できるようなものはないうえ、「買ったほうがいいんじゃない?」というものもあります。時間よりお金が大切だった若かりし頃の駄作等、笑ってみてやってください。
 どれも旋盤などは使わずに、グラインダー、高速型カッター、ボール盤、溶接機程度で簡単に作れるものばかりです。
                              


BX用油圧センサー用レンチ 1991年製


 BXの新車保証期間中に油圧センサーからのオイル漏れが発覚しました。保証で交換してもらおうと、今は無きディーラ(ファミリー)に行きました。すると「インマニを外さなければならないので当工場では作業できません。他の工場に運びますので2週間預かります。」とのこと。たしかにレンチが干渉して作業しにくい場所ですが、ただでさえ入退院を繰り返していたのに預けるのは面倒でした。そのディーラーでは、オイル交換くらいしか整備できないようでした。
 ならば、「自分で交換するから、部品だけください。」と部品だけもらってきました。するとインマニを外さなくていいようにと、師匠が鉄板を使ってレンチを作ってくれました。おかげでほんの3分で交換できました。



スフェアレンチ 1993年製



 BXブレークのメイン玉を外そうと市販のオイルフィルターレンチを使用しました。すると、固着していたためかレンチが壊れてしまいました。
 やむを得ず安物(380円)のバイスグリッププライヤーと鋼板を使って、がっちりとスフェアを咥えられるようにしました。 最初は、薄い(1mm以下)の鉄板でベルト部を作って見たのですが、溶接が困難な為リベットで留めたところ千切れてしまいました。がっちり作らなくてはと言うことで、結局約3mmのフラットバーでベルト部分を作りました。



 こうやって使います。バイスグリップを使っているのでがっちり固定できます。
 BXブレークは、メイン玉の周囲のクリアランスが少ないの、チェーンレンチより薄くて助かりました。おかげで固着してしまったメインも無事取り外せました。  今は、もう安価のチェーンレンチやベルトレンチが容易に手に入るようになったので作る必要も無いと思いますが折角作ったので今でも意地で使っています(笑)。




 1998年のBX2回目のスフェア交換の画像がありました。BXの使用例です。



 バイスグリッププライヤーはベルト部分にうまく接合できるように、グラインダーで薄く削りました。ベルト側との固定のためにドリルで穴を開けました。この穴とベルト部分は釘を差してあります。
 このベルト部分は帯状の鋼板を太い鉄パイプをベースにハンマーで叩いて丸くして作りました。プライヤーを差し込む部分は高速カッターで切りました。



 オイルフィルター用に小さいサイズも一緒に作りました。ちょっとベルト部分が頑丈しすぎて使い辛いので結局使ってません。(サビサビです)



タイロッドエンド外し(クサビ式)1993年製


 当時所有していた、シティ(GA2)ジムカーナ車で、ジムカーナ中にドライブシャフトが折れることが多いので、交換用の工具とドライブシャフトの携帯は不可欠でした。当時、タイロッドエンドプーラ−(リムーバー)は約1万円から2万円したので買えませんでした。(今は千円位からありますね)普通のプーラ−が引っかかればいいですが、シティはだめでした。(BXは普通のプーラ−が使えますね)
 嘆いていると、師匠が昔はこんなので外していたぞと、あっと言う間に作ってくれました。クサビを打ち込むような形でハンマーでたたいて外します。



ハブナット外し用ハンドル 1993年製


 シティのドライブシャフト交換のために、ナットが硬かったのでスピンナーハンドルに鉄パイプを延長して回したところ、ハンドルが壊れました。「こんな安物買うんじゃない」と師匠にどなられました。落ち込んでいると師匠が作ってくれました。太い鉄筋をL字型に溶接して、先にコマが付くように12.7のビットをつけてくれました。
 今となっては、インパクトレンチも安価で手に入りるのでいいですね。ただ、エアーが使えない出先で、ドライブシャフトが折れた時には重宝しました。



2CVファン用プーラーアダプタ 大失敗作 2002年製



 ちょいんちょいん4号でファンが外れず、クランク棒がねじ切れてしまったときに作りました。するとファンに干渉してしまい、私の手持ちのプーラーだとうまくかけられないという致命的な欠陥がみつかりました。狭い部分にも使えるプーラーを買えばよいのですが、買ったら自作の意味がありません。(後日談:使えるプーラーは他の用途で必要になったので入手したのですがまだ試していません)。
   ちなみに鉄パイプを輪切りにして2箇所対に穴をあけてボルトを入れられるようにねじを切っただけのものです。これだとちょっと強度的に問題ありそうですね。ボルトが曲がってしまいそうです。こんなものに時間をかけても仕方が無いので別の作戦で行きます。
 



2CVファン外し用スタータードック−6角アダプタ 2002年製



 別の方法で挑戦です。ファン外し用アダプタです。ボルトに穴をあけヘキサゴンレンチを差し込んだだけのシンプルかつ強靭なツールです。使った感想は「なんて楽なんだろう!」といった感じです。力をこめる前に外れてしまったので拍子抜けしてしまいました。いかに始動用のクランクは力が掛け辛いのかといったところでしょうか。
 本来はプーラーで外すのが正論なのでしょうね。こじって外すのにはちょっと抵抗があります。 なお改良型はクーリングファン、エンジンマウント取り外しをご覧ください。


 使い方はこのとおり。よく見えませんが、スピンナーハンドルに付けたボックスのコマとファンのクランキング用の切り欠き(スタータードッグ)の間にこのアダプタが入ってます。



2CVハブ固定治具(ドライブシャフト取り外し他用) 2002年製



 通常ドライブシャフトのナットを緩める時はホイールをつけた状態でホイールのセンターの穴から突き出ているナットを緩めれば良いのですが2CVのホイールのセンターに穴がありません。スペアホイールのセンターに穴を開ける方法もあるかもしれませんがしっかり固定できる治具を作りました。
 アングルを組み合わせて溶接、そしてハブボルト用の穴を開けただけのものです。こんな簡単なものですがとても楽に緩めることができました。
作業の様子はこちらをご覧ください。


 リアドラム取り外しの時の固定にも使えます。



2CVリアドラム取り外し用治具 2002年製



 2CVのリアドラムを抜き取る治具です。ドラムの3本のスタッドボルトにこの治具を固定して、中央のボルトを締め付けていくことによりドラムを抜き取る作戦です。
使っている様子はこちらをご覧ください。


2CVハブベアリングリングナット取り外し用治具 2002年製



 2CVのハブベアリングのリングナットを緩める治具です。ソケットに穴を開けて切断したヘキサゴンレンチ挿入しただけの単純なものです。これでも一応楽に外すことができました。(リア)
 ソケットから突き出たヘキサゴンレンチをリングナットの切り欠きに引っ掛けて回すという魂胆です。 使っている様子はこちらをご覧ください。


2CVタイロッドエンド取り外し用治具 2002年製



 2CVのタイロッドエンドを分解するときに王冠上のキャップ?を外すときに使う治具です。ソケットに穴を開けて切断したヘキサゴンレンチ挿入しただけの単純なものです。(画像下側です。) でも、そんなに固く締まっているわけではないのでこんなの無くても大丈夫かもしれませんね。
使っている様子はこちらをご覧ください。


ステアリングラックリングナット取り外し用治具 2002年製



 ステアリングラックのリングナットを取り外す治具です。粗末なものなのでなにも書くことはありません(笑)。
使っている様子はこちらをご覧ください。


2CVボディ乗せ替え用リジッドラックアダプタ 2002年製



 2CVのボディを乗せ替えする時に使用するリジッドラックの延長アダプタです。一人でボディを乗せ替える方法を考えた結果、タイヤより高いリジッドラックが必要だという結論になりました。 しかし50cm以上のリジッドラックなんて見たこともありません。仕方が無いので足の部分は市販のリジッドラックを使い、頭の部分は自作することにしました。2×4材を固定できるように押さえとボルトを留められるようにしました。
使っている様子はこちらをご覧ください。




HOME