おすすめソフト紹介 統合型愛車管理ソフト CarNote


ょいんちょいんの独断と偏見でお勧めソフトウェアの紹介をします。

といいますのも、このホームページの再開が実現したのもこのソフトのおかげなのです。

2000年ごろちょいんちょいんの公開をしていたところ使用していたサーバーが突然閉鎖。レストア状況を毎週更新していたのも負担となっていたこともあったほか、新しいサーバーを探す余裕もなく再開のめどが立っていませんでした。月日が流れるとそれだけ整備記録がたまる一方でますます再開は厳しくなってきました。

そんなある日ふと見つけたのが統合型愛車管理ソフトCarNoteでした。整備記録もできるし、燃費も計算できる。記録を携帯にいれて持ち歩ける。部品の管理もできる。次回の交換時期を教えてくれるアラームもある。また各データをグラフに表示して自己満足に浸ることができる。とても多機能なのです。何より一番惹かれたのはマイウェブデータ出力機能です。何のことだかわかりづらいですが簡単に言うと、整備記録等を入力するとちょいんちょいんのようなホームページを自動作成してくれるのです。実際ちょいんちょいん2号Xm整備日誌4号2CVレストア日誌5号CXファミリアール整備日誌6号シャンソン整備日誌はCarNoteで自動作成したものです。よくぞこんなマイナーな機能があったもんだと関心してしまいます。うれしいのは作業時間を入れておくと作業時間も各工程で表示してくれるしグループ内での合計時間まで自動計算して表示してくれるところですね。特に4号2CVのレストア日誌などは手作業では不可能と思われるあれだけの作業データを処理してくれるので本当に助かります。レストアの業者さんなんかは顧客への作業報告書にそのまま使えそうですよ。集計機能で部品代や経費も計算できそうです。

とはいっても、こんなホームページ自動作成機能はみなさんは必要としないと思いますのでそれ以外のおすすめポイントを紹介したいと思います。

アイコンが2CV

ソフトのアイコンやタブのアイコンがちょっと崩れてはいますがたぶん2CVです。2CV乗り必見です。

油種にLHMがある

オイル交換のログを入力する際の油種選択肢の中にLHMがあります。残念なのはCマチックフルードが無かったことですね。

整備箇所にスフェアがある

整備記録を入力する際に整備箇所を選択するのですが、その中にスフェアがありました。ハイドロシトロエン乗り必見です。でも、この部分はユーザーが追加できるのでなくても支障は無いのですがデフォルトであるだけうれしいですね。

上のように、通常は阻害されてしまうシトロエン車ですがこんな些細なことでも相手にしてくれているとうれしくなってしまいます。

フトを使った感想です。以前いくつか燃費計算のシェアウェアを使ったことがありましたが、いずれも結局は燃費計算だけで終わってしまいそのうち使わなくなってしまいました。今回CarNoteを使ってみて、燃費以外にも豊富な機能があるのでなんとか続いています。グラフで見ることができるのもうれしいですね。私はもう既に全部で1000件以上のログを入力してあります。(笑)

2号Xm燃費関連データ5号CX燃費関連データ 7号Chanson燃費関連データ にある燃費関連データのグラフはCarNoteのグラフ画面をコピーしたものです。これらのグラフ画面はコピーなので見るだけですが、実際CarNote上で表示されるグラフはプロットにマウスポインタを乗せると詳細文字データが表示されたり、横軸にマウスポインタを乗せるとその数値が表示されたり、日付にマウスポインタを乗せるとログの内容が表示されたりと、、、いろいろアクティブに表示されるので面白いです。実際使わせていただいたグラフ画像は、燃費の横軸をマウス左クリックして燃費データの数値表示を固定させたところです。

あまりいいことを書いても仕方が無いので私が感じた難点をちょっと挙げてみます。(悪口ではないですよ)

入力項目が多い

多機能だから仕方が無いのかもしれませんが入力項目が多いので面食らいました。CarNoteを使い始める前はノートに給油や走行、整備の記録はしていましたが「こんな項目は記録しておかなかったよ」って感じです。たとえば、走行した時の天気とか、実際走行した時間(平均速度算出のため?)とかいまさらわかるわけないです。
でも未入力でも問題ないのでご安心を!

マイウェブ出力機能の使い方がわかりにくかった

マイウェブ出力機能で使い方が最初よくわかりませんでした。ヘルプの図をみてなんとなくわかるようになりましたが、、。使ってみると簡単なんですけどね。もっとわかりやすいHowToページでもつくろうかなぁ。

メーターを交換して距離計が0に戻ってしまうとメーター読みの値が入力できなくなってしまう

入力時に日付とオドメーターの値をチェックしているようです。間違えて入力した時にメッセージがでて助かるのですが、もしメーターを交換して0Kmに戻ってしまった時は入力できなくなってしまうのだと思います。メーター読みの値にその都度交換前の値を加算しなくてはならないのでしょうね。
いった感じですね。CarNoteを使い始めて一番悔やまれることは、今まで買った部品の金額等の金額を控えておくべきだったということです。CarNoteには部品の管理機能もあるので間違えて同じ部品を買ってしまったなどの失敗がなくなるほか、レストアや整備にいくらかかかったかを簡単に算出できたようです。残念!



HOME