NEW!

ちょいんちょいん

ちょいんちょいん10号レストア日誌

10号SMレストア日誌 2009年6月

2009 . 6

所要時間 07時間 55分




2009 . 6. 5 122670Km 点火コイル交換 所要時間 30分
新品コイル

 注文した新しいコイルが届きました。あまり期待は持てませんが、奇跡を願って新品コイルに交換しました。

 しかし残念ながら症状は変わりませんでした。また古いコイルに戻しました。またひとつ無駄遣いをしてしまいました。(涙)


2009 . 6. 6 122670Km エンジンフラッシング 所要時間 01時間 00分
エンジンフラッシュ

 しばらく点火波形をチェックしていましたが特に変化は見られないので、気晴らしにフラッシングをすることにしました。
 WAKO'Sのフラッシング剤を使用してみました。前に書いたように、フラッシング剤≒灯油の心配はありましたが、きっと近年は進歩しているはずと信じて投入します。
 缶を開けると灯油を薄めたようなにおい。大丈夫?


 投入後、エンジンを15分アイドリングして排出し、新しいオイルを注入しました。
 左が投入前の汚れ、右がフラッシング後の汚れ。うーん。ほんの少しは汚れはとれたのかなぁ?


2009 . 6. 6 122670Km フラッシング剤のフラッシング 所要時間 01時間 10分
シェブロン

 フラッシングをしたので、フラッシング剤を除去するために、エンジンオイルでフラッシングしました(変な話ですね)。

 SMはオイルクーラーがあるので抜けきらないオイルが通常の車と比べると多いかも知れないので、そのための処置です。シェブロンを使用。
 6リッター入れてしばらくアイドリング。抜いてもまだ汚れが出ますね。


2009 . 6. 6 122670Km エンジンオイル交換 所要時間 01時間 00分
オイル上抜き

 念を入れてのフラッシングが終了しましたので最終目標のオイル交換をします。
 オイルを抜きました。


オイルエレメント

 まずはオイルエレメント交換です。旧車通勤族のブログで代替品を知っての購入です。情報公開ありがとうございます。近くのカーショップで買えるので助かりますね。ボッシュのAudi用のエレメントです。


エレメント取り外し完了

 ベルト式のレンチで取り外しました。


BPクラシック

 使用したオイルはBPのクラッシックオイルです。鉱物油にしてはずいぶんお高いですね。醤油ちゅるちゅるポンプで吸い上げようとしましたが圧力差による吸い上げはできず、しゅこしゅこして入れました。
 いままで使ったエンジンオイルの中では一番どろどろしてます。これで圧縮が上がると良いのですが。


 交換後エンジンを始動しても、特に大きな変化は感じられませんでした。アフターファイヤーはないものの、一部失火している様子は変わりません。実際圧縮が上がったかは、後日測定したいと思います。


2009 . 6. 8 122670Km スフェアリチャージ 所要時間 02時間 00分

 スフェアのリチャージをすることにしました。目的は10号に付いているスフェアを11号SMへ移植するためです。最近11号を救出のため手を入れていますが、うまくいけば自走して帰れるかも?と期待しての処置です。

 あえて10号のスフェアを11号付ける理由は、リチャージするにはスフェアを外して自宅へ持ち帰らなくてはならないので、スフェアを外したままにしたくないというだけの理由です。

 今回はフロント2個とメイン1個の作業です。フロント球には「40」の刻印がありました。社外品なのでしょうか。それとも昔はこうだったの?
 でべその材質が硬く、パイプレンチがかかりにくく外しづらかったです。
 40barに注入しました。
 錆がひどかったので緑に塗ることにしました。ペーパーで錆を落とし、ラストリムーバーを塗ってスプレーで塗装しました。今回購入した、緑色の市販汎用缶スプレーは、オリジナルの緑より少々鮮やかですね。似た色のスプレーがあるといいですね。
 これで近いうちに11号へ移植できます。


2009 . 6. 17 122670Km 右リアタイヤ取り外し 所要時間 15分

 11号へ移植するため右リアタイヤを歪んだ11号のタイヤと交換しました。


 タイヤを外そうとナットを緩めると「緩い!」、納車前に整備工場燃料ポンプを交換してもらっていますので、おそらくその時の締め忘れでしょう。指でも緩みました。

仮ナンバーで試走する前に発見して良かったです。


2009 . 6. 20 122670Km スフェアリチャージ 所要時間 01時間 00分

 11号から外してきたフロントスフェア、メイン球のリチャージと錆取り塗装を行いました。
 きれいにして10号に取り付けるためです。

 11号のフロントには土星球がついていました。土星球には7mmリチャージバルブを使います。土星球のリチャージは初めてです。

 おへそを慎重に外すことにします。少しずつ緩めていきます。すると「シュー」窒素が抜け始めてきました。
 しばらく抜け切るまでしばらく待ちました。通常の球ならいきなり「シュッ」と大きな音で抜けますが、土星球は緩やかでした。
 それもそのはず、おへそのボルトを見てみると窒素の通路となる穴が開いており、少しずつ抜けるようになっていました。土星球はOHを前提としているので当たり前といえば当たり前ですね。

 リチャージバルブを取り付け、リチャージします。
 無事リチャージ完了です。膜は破けていなかったようです。

 全てリチャージ無事完了し再生できましたので、ペーパーで錆を取り、仕上げにリン酸を塗ってさび処理をしました。
 塗装をして完了です。(ちょっと鮮やかな緑です。)


2009 . 6. 21 122670Km スフェア取り付け 所要時間 01時間 00分

 昨日リチャージ、塗装したスフェアを取り付けました。

   エンジンの調子はというと、点火系に手を入れた後からアフターファイヤーがなくなりその状態は維持しています。良くなったものの、まだ失火しています。
 11号の救出作業と並行して行っているため、なかなか作業時間がとれません。11号は場所を借りている以上、できるだけ早く自宅へ移動しなくてはなりません。しばらくは11号優先です。