ちょいんちょいん

ちょいんちょいん11号SM救出日誌

11号SM救出日誌 2009年5月

2009 . 5

所要時間 06時間 30分




2009 . 5. 27 59703Km プロローグ 所要時間 02時間 00分

 今にも大爆発を起こしそうな10号SMに頭を抱えていたある日のこと、DS乗りのI氏から「朽ち果てたSMが近くの中古車屋にあるよ」との話。藁をも掴む思いで現地へ行ってみました。

 するとそこには遠目で見れば長期在庫の中古車ですが、近目でみればぐずぐず錆びてあちこち穴の開いた解体車といった感じでした。
 外装関係は、全輪パンクしていたため下回りの腐食がひどいです。
 しかし、エンジンルームを見るときれいに砂埃が積もっているものの、整然とした様子からまだまだいけそうな予感がしました。

 早速オーナーを訪問し交渉。すると「売らないよ」と即答。しばらく世間話をしていると熱意が伝わったのか(笑)風向きが変わりなんとか譲り受けることができました。


救出開始

 善は急げで救出作戦開始です。

 ご覧のとおり、よくこれまで捨てられずにいたなと思うくらいのかわいそうなSMです。トランクの底は雨水の侵入で錆びて穴が開いています。もっと早く知っていればここまでひどくなる前に救出できたのに...。残念でなりません。過去に1回だけこの道を通ったことはあったのですが気付きませんでした。

 世界で一番長い期間売れることのなかった中古車屋のSMでしょうね。(笑)


 4輪パンクで、世界で一番車高の低いSMですね。最低の車高で4輪パンクしても地面にはつかないように設計されているのですね。(あたりまえか)

※今回はデジカメのバッテリーが少なかったため画像が少ないです。ご了承願います。


 今回の救出メニューの最終目標はタイヤ交換ですが、「タイヤ交換には車高を上げなくてはならない−>ジャッキアップする−>エンジンをかけなくてはならない」という図式になってきます。

(後日談:前にも書きましたが.....車高を上げなければジャッキアップできないとは、10号の整備工場から教えてもらったのですが、後日ジャッキアップできることが判明しました。ご注意ください!)

 中古車屋という場所柄、車をいじっててもなんら違和感のない場所なので良い環境です。舗装されているので私のストックヤードで作業するより良いですね。(屋根はないですが)


2009 . 5. 27 59703Km バッテリー交換 所要時間 30分
バッテリー上から見た図

 まずはバッテリーを交換しなくてはなりません。バッテリー交換は通常は右フロントタイヤハウス内からのアクセスになるようですが、タイヤを外せない状態なので(目的がタイヤ外しなので外せる訳ありませんね。)上から交換を試みます。

 用意したのはいつも1号BXや 号CXの管理用に使っているバッテリーです。付いていたバッテリーは現在の欧州車用バッテリーのような下にツバがついているタイプのものではなく、国産車のように上から押さえつけて固定するタイプでした。今回はつばがついていますがなんと入るでしょうか。


レギュレーター取り外し中

 まずは邪魔になるものを外します。
 レギュレーターを外しています。


リレー取り外し

 リレーも外しましたがぎりぎりクリアランスが足りません。


バッテリー取り外し成功

ボンネットのラッチを外してクリアランスが確保できました。

 以前2CVのエンジン吊るしに使ったベルトをバッテリーに巻いて、取り外し成功です。

 なんか6灯と4灯ではクリアランスが違うような...。4灯のほうが楽な感じがします。(自宅へ戻り確認すると丸目のほうがクリアランスが大きいのがわかりました。丸目の利点ですね。)
 もし外せない時のために、バッテリーを外部に置いて接続するため、ターミナルとケーブルを用意してきたのですが使わずに済みました。
 バッテリーの交換ができましたので次のステップに行きます。

 後日談:救出直前に別のバッテリーへ交換しましたが、その時はフロントカウルを外した状態でカウルの部分から交換できました。(但しバッテリーの高さが低いもの(175mmくらい)である必要があります。)


2009 . 5. 27 59703Km プラグチェック 所要時間 20分
1番プラグ

 エンジン始動のための準備です。20年以上は放置されていたようなので各所オイル切れ等が心配されます。各部チェックすることにしました。

 まずプラグを外しました。まず1番。
 電極が腐食していますが掃除すれば大丈夫そうですね。


2番プラグ

 2番はこんな感じ。

 全体的には比較的調子は良かったかもしれませんね。納車時の10号SMとは比較になりません。(笑)

 プラグホールから覗いても特に錆等は見受けられませんでした。


浸透フォーム

 続いて、各プラグホールから、シリンダー内には浸透性の高いフォームスプレーをたっぷり注入しました。(可燃につき要注意)(空回し後はエンジンオイル注入)


2009 . 5. 27 59703Km カムチェック 所要時間 01時間 00分
オイル受け

 続いて、ヘッドカバーを外してカム等のチェックと給脂です。


 おやおや、ヘッドカバーからのオイル漏れのためのオイル受けがついていました。10号SMには付いていないのですが、改良されたのでしょうか。


 オイル受けを外しました。


カム

 ヘッドカバーを外してみると、まだきれいなもんです。カムもすべすべです。さすがに油分は切れていますがいけそうです。


 まずはカムやチェーン軸受け等にフォーム状の浸透性スプレーをたっぷりかけてしばらく放置。


その後スポイトでエンジンオイルをたっぷりかけました。

 このあと、クーラントが切れていたのでクーラントの補充をしました。11リッター以上入ってしまいました。ほぼ空だったのかもしれません。うーん。水漏れではなく、自然に気化されて抜けたのなら良いのですが、、、。考えても仕方がないので深く考えないことにします。(笑)
 エンジンオイル量は大丈夫でした。もしエンジンがかかったらオイル交換をしたいと思います。


2009 . 5. 27 59703Km 直結 所要時間 01時間 00分

 さて、次は空回しです。負荷をかけないため、プラグを外した状態でエンジンの空回しです。本来ならフライホイールの溝でそーっと動かしたいのはヤマヤマですが、ぺったんこの車高が下がった状態では厳しいのでスターターで回すことにしました。

 11号SMは鍵がありません。とりあえず直結してスターターを回したいと思います。
※この部分は防犯上の主旨から掲載自粛させていただきます。


 汚いガソリンがキャブに入らないように、燃料フィルタのあたりでホースを切断して(ガソリン受けを置いて)端子短絡しました。(20年以上なのでどんなガソリンが出てくるか恐怖です。)
 ガソリンが出てくる以前に短絡してもうんともすんともいいません。

 まあ、そんなに簡単にうまくいくとは思っていませんでしたが。


2009 . 5. 27 59703Km イグニッション系配線チェック 所要時間 20分
配線不良

 電気系なら何とかなると思うのでひとまず安心です。各部をチェックしました。
 もちろんヒューズは大丈夫です。
 各部をテスターであたっていくとバッテリーのマイナスからボディアースに落ちていないのを発見。

 結局、この通りバッテリーからのマイナスのハーネスが不良でした。


端子の錆

 悪の根源はバッテリー側の丸型圧着端子の錆が原因でした。硬く締め付けられていたの大丈夫かと思いましたが、それでも接触部分が錆びて導通不良になってしまうんですね。錆恐るべし!

 端子の錆を落として再接続。電位を確認して完了です。


2009 . 5. 27 59703Km 無負荷回転 所要時間 10分

 接触不良が解決し、直結してスターターを回します。緊張の一瞬です。
 クウィーンッと軽く回りました。なじませるためしばらく回転させました。
 最大の難関突破です。ここまでくればあとは何とかなりそうですね。


2009 . 5. 27 59703Km エンジン始動 所要時間 01時間 10分
サービスタンク

 ついにエンジン始動準備にはいります。
 間違いなくガソリンは腐っているか空っぽかと思われるので、燃料ポンプ等燃料系は期待していません。(タンクを清掃している時間的余裕はありませんね。)
 ぶら下げ式のサービスタンクで仮運転です。
 先ほど切断した燃料ホースにサービスタンクを接続しました。  きれいに掃除したプラグを取り付け準備完了です。


セミトラ

 これからが最大の緊張ですね。スターターを回しましたが...。うーん点火していないようです。タイミングライトを接続し運転席に向けてクランキング。タイミングランプが点灯しません。

 そう簡単にはいきませんね。

 これはセミトラでしょうか?怪しいのはこのあたり?各部の接点を外して洗浄、再接続しました。ゆるい接続部は調整しました。

 プラグコードも接点洗浄しました。

 これで再チャレンジです。クランキングするとタイミングライトが光りました。おっこれでかかるかも!
 このあと数回転させるとかかってしまいました。もっとてこずるかと思いましたが拍子抜けです。

 アクセルワイヤーが固着してしまっているので車内からアクセルをあおれませんが、安定して回っています。間違いなく納車整備済み10号SMより良い状態です(笑)。エンジンオイルが古いままなので試運転は1分少々でやめておきました。

 残念なことに車高は上がる気配はありませんでした。エンジン停止後、メインの圧抜きバルブを緩めたら穴の開いたリターンホースからLHMが噴き出しましたので、一応ハイポンプから圧は出ていそうです。今日の作業はここまでです。

 ここまでくれば車高が上がるのも時間の問題ですね。