ちょいんちょいん

ちょいんちょいん11号SM救出日誌

11号SM救出日誌 2009年6月

2009 . 6

所要時間 14時間 50分




2009 . 6. 3 59703Km リターンホース補修 所要時間 15分

 前回の作業でエンジンを始動したあと、メインの圧を抜いたところホースからLHMが噴き出し、ホースの穴が見つかりました。

 今回応急処置として、LHMリターンホースのひび割れをビニールテープで巻いて補修しました。他にも割れがないといいのですが。


2009 . 6. 3 59703Km シート保湿 所要時間 15分
ハイドケア

 シートがバリバリ固くなっています。前回作業したときに少し力をかけたら破れてしまいました。評判がよさそうなケア商品をネットで検索したら、ハイドケアというものが見つかりました。半信半疑ですが使ってみます。
 塗っては見ましたが、表面はしっとりした感じにはなりましたが、強度が復活するかは?です。

 しばらく様子をみます。


2009 . 6. 3 59703Km エンジンオイル交換 所要時間 40分
上抜き

 続いてエンジンオイル交換です。フラッシングの意味もあり安価なオイルを使用しました。
 車高が上がらない現状では下抜きはできませんので上抜きをします。


 こんなに汚れたオイルは久し振りです。以前救出した2CV以来でしょうか。
 6リッター位抜けました。オイル6本注入しました。これでひとまず安心です。

 参考までにATFはとてもきれいでした。まるで新品のようでした。ATのOH直後だったのかもしれません。


2009 . 6. 3 59703Km エアー補充 所要時間 30分
右前輪

 タイヤはご覧のとおりエアが抜けています。前回の整備では、エアーホースが短くて届かず、今回再挑戦です。

 これが右前輪です。一番ひどいです。

 エアーが抜けて膨らまないのではないかと思いましたが、意外と4輪とも復活しました。(オチがありますがそれは後ほど…)
 10号のタイヤを外して持参しましたが無用でしたね。(ホントは必要だったんだよぉ)


2009 . 6. 3 59703Km エンジン始動 所要時間 20分
鳥の巣?

 今日はエアーを借りたので、エンジンルーム内各部を清掃しました。

 エアーフィルターを掃除しようとあけてびっくりです。こんなに詰まっていました。これって放置されている間に詰まったものなのだと思いますが、見事としか言いようがないですね。ダクト内も清掃しておきました。



 さて、エンジン始動です。あれ!かかりません。点火していません。点火配線をチェックして始動できました。

 点火系の接触が悪いところがまだありそうですね。


2009 . 6. 3 59703Km 車高アップ 所要時間 40分
ハイポンプ

 今日の最大の目的である車高上げにチャレンジです。LHMの量はOKです。ビニールテープで塞いだリターンホースの穴からは漏れてはいません。

 何度かレギュレーターで圧抜きをしたり繰り返しているとむくむくと上がってきました。

 やはり車高が上がると生き返ったって感じがしますね。(感激デス)


2009 . 6. 3 59703Km AT試験 所要時間 50分

 エンジンがかかって車高も上がれば、次はATです。トランクにはATの部品らしきものがはいっていたのでOHした直後なのかもしれません。ATFも新品のようにきれいです。
 まだアクセルワイヤーは固着したままなのでアイドリングでの前進、後進確認です。ブレーキを踏んでみると油圧の動きはありそうです。前飛び出して道路に出てしまったら危ないのでまずはバックから。恐る恐るシフトすると無事動きました。

 タイヤの変形を少しでも変えようと少し前へ出した状態で停めておきました。

 ふと思ったのですが、10号は冷却水温度がなかなか上がりません。SMはこんなもんなのかと思いましたが、11号は標準的でした。
 10号が納車された時は冷却水不足で循環していませんでしたが、サーモ点検、冷却水補充で循環するようにはなっています。しかし、まだあつあつにはなりません。ロアホースもそこそこの時間で暖かくなるので間違いなく循環はしていると思います。流量不足なのでしょうか?詰まりかポンプか?失火が多いのでその分発熱しないのでしょうか(笑)。


2009 . 6. 3 59703Km アクセルワイヤー切断 所要時間 15分
アクセルワイヤー

 ここまで来たら、アクセルワイヤーの固着を直さなくてはなりません。少しずつ中に油を入れておきましたがまだ固着はとれません。油をさしてはアクセルペダルを押してと繰り返していたら急にペダルがフリーに......。(汗)

 切れたのか外れたのかはわかりませんが、感覚的にはプチッとした感じではなく、グググッとずれた感じでした。

 さて、リンク部分を確認するにもどこからアクセスできるのかわかりません。見た感じ車の底からのアクセスのようです。
 残念ながら、今日は車高は上げられても中に潜れる安全装備(ウマ等)はないので次回に持ち越しです。

 アクセルワイヤーが切れてなければいいですが。


2009 . 6. 3 59703Km タイヤ交換(右前) 所要時間 20分
右フロント

 さて、今日の作業は終わりにしようと片付けているとタイヤが...。右フロントのタイヤの空気が抜けてしまっていました。少し前進してタイヤが変形したことにより抜けてしまったのかもしれません。

 11号のスペアタイヤに交換です。ジャッキアップポイントにジャッキをかけて交換しました。


2009 . 6. 13 59703Km フロントスフェア、メイン交換 所要時間 20分

 スフェアを交換します。11号のフロントは土星球がついていました。交換するこの球は10号から外してリチャージしたものです。


Oリング

 スフェアのOリングですが、断面が「丸」のものがついていました。私の世代だと、断面が四角のものが純正と思ってしまっていましたが、よく見ると緑色のマーキングが、、、。純正なのかもしれません。昔は「丸」だったのでしょうか。


 メイン取り外し中です。


交換完了

 はい!交換完了しました。

 エンジンをかけようとするとエンジンがかかりません。今日はご機嫌斜めのようです。今日は暑くて炎天下の作業はくらくらします。エンジン始動は諦めました。


2009 . 6. 13 59703Km 左フロントタイヤ交換 所要時間 20分
ジャッキ挿入

 自走による救出を目標として、左側のタイヤも交換することにしました。まだ空気が入っていますが、変形してしまっているので交換します。

 話はそれますが、10号の陸送をお願いしたとき、その店主から、「車高が上がらないとジャッキアップできないから.......」とのことでしたが、手持ちのジャッキ(カーショップにて購入:最低位80mm)を試しに挿入してみると…ジャッキアップできるではないですか!こんなことなら10号の整備は自分でやったのに!と後悔です。済んでしまったことなので仕方ないですね。


交換中

 交換中


左リアタイヤ交換

 左リアタイヤも交換です。10号からの移植です。


トランク穴

 リアをジャッキアップしたのでトランク底の穴が良く見えます。

 でも、ここで穴が開いてくれたので、シャーシまで水が伝わらず、シャーシが守られたから良かったということにしておきましょう。


2009 . 6. 18 59703Km スタータースイッチ取り付け 所要時間 15分

 エンジンルームからエンジンがかけらるように、延長スタータースイッチを取り付けることにしました。


 これで作業がはかどります。


2009 . 6. 18 59703Km 右リアタイヤ交換 所要時間 30分

 10号から外してきたタイヤを、空気が抜けてしまった右リアタイヤと交換しました。まだエンジンがかからないので車高が上がらず、空気を再度入れて空気が抜け切る前に、ジャッキを入れて上げました。


2009 . 6. 18 59703Km アース強化 所要時間 01時間 00分
アース強化

 先週からエンジンがかかりません。スターターが回らないのです。少し動いても、カカッカッカッとなってまわりません。エンジンへのアースを仮に追加配線しました。
 これでひとまずスターターが回るようになり、久々にエンジンがかかりました。

 まだあちこち接触が不安定のようですね。

 いやはやなんともエンジンが静かです。(注:あくまでも10号SMと比較した場合です。)
 このエンジンがあれば、腐ったシャーシをも直す意欲が出てきます。(笑)


2009 . 6. 18 59703Km アクセルワイヤー取り外し検討 所要時間 40分

 エンジンがかかり、車高が上がりましたので、 先日切ってしまったアクセルワイヤーを取り外しにかかりたいと思います。

 まずは下にもぐって位置確認です。えーっ。なんてクリアランスなのでしょう。マフラー、遮熱板が邪魔をして作業できるような状況ではありません。マフラーを外すのはこれまた大変だろうし、、、。きっとほかに方法があるはずだ!とエンジンルームから覗いてみてもホース類が邪魔をして困難極まりないです。しばらく考えましたが、また出直そうという結論になりました。(笑)

 今日の作業はこれまでです。

 帰宅後ネットみてみると、Sさんがアクセルワイヤーの修理をしているではありませんか。Sさんにメールで質問すると、「下からアクセス」とのことでした。あの隙間から?と信じられない思いです。でもやらなくてはならないですね。Sさんアドバイスありがとうございます。


2009 . 6. 22 59703Km アクセルワイヤー製作検討 所要時間 01時間 00分

 なかなか時間がとれずに、アクセルワイヤーの取り外しに行けません。取り外し、修理、取付を1日でできるように、10号のアクセルワイヤーを参考に、現地で修理可能な方法を検討したいと思います。

 Sさんはワイヤーのかしめ部分を半田で付けたとのことですが、私の場合11号の置いてある現地で容易に作業ができる方法を模索します。
 ボールジョイント部分とワイヤーのかしめ金具はM5のネジで繋がっています。つまり、M5のネジを切ってある金具にワイヤーを簡単に固定できるものがあればよさそうです。

 使えそうな部品を模型屋で見つけたので、明日買ってこようと思ってます。


2009 . 6. 23 59703Km アクセルワイヤー取り外し検討 所要時間 01時間 00分

 昼休みに近くの模型屋に行ってきました。M5のものです。2個購入しようと思いましたが、1個しかありませんでした。とりあえず1個購入しました。

 あと、半田を使わないのならSUSワイヤーにしようと近所のスーパーでSUSワイヤーを購入しました。1.5mm位です。本来のワイヤーは測定してみると2.0mmちょっとのようです。自転車売り場には2.0mm位のものはありませんでした。大丈夫でしょうか。バイク屋に行けばあるのかな?


2009 . 6. 24 59703Km アクセルワイヤー取り外し検討 所要時間 40分

 昨日買ったオスネジ金具が具合がいいので、もうひとつ欲しいと思い、注文に行きました。すると、もうこのシリーズは取り扱わない。他の店舗にあれば取り寄せられるが、、、。とのことで、注文はしましたが、代わりに1個だけ在庫のあったメスのものを1個購入。切ったネジを入れてオス代りに使う予定です。しかしメスの金具はオスのものより長いのでもしかしたら使えないかも、、、。あとは現地で検討です。


後日談1:結局、このメスの金具は長い分重く、この用途には適さないとして使用しませんでした。 

後日談2:すべてが解決したある日のこと、秋葉原でこの欲しかったパーツを発見。千石、マルツで売ってました。(値上がりしてましたが)


2009 . 6. 25 59703Km アクセルワイヤー製作 所要時間 01時間 00分
イモネジ

 ワイヤー固定用のイモネジを買ってきました。


 画像下の金具に、画像上のワイヤーに金具を取り付けたものを差込み、イモネジで固定する作戦です。


 完成予想図


2009 . 6. 27 59703Km アクセルワイヤー取り外し挑戦 所要時間 03時間 20分

 先日挫折した、アクセルワイヤーの取り外しに再挑戦です。

 まずはジャッキアップしました。


遮熱板固定ボルト1

 遮熱板を良く見たら左右分割されていて、外せないと早とちりしていましたが外せるようになっていました。(もっとじっくり見るべきでした。)

 固定ボルトはここと


遮熱板固定ボルト2

 ここと


遮熱板固定ボルト3

 ここと


 ここです。

 遮熱板を知恵の輪のように取り出しました。


 これならなんとか手が入りそうです。
 見事錆びてワイヤーがちぎれています。(涙)


ジョイント取り外し前

 まずはボールジョイント部の分解です。


ジョイント取り外し完了

 ボールから外れないように、抜け止めのピン金具(ピアノ線?)が差し込まれています。このピンを回して抜き取り外しました。サビサビです。


 次はワイヤーケーブル外皮部分の固定を外そうと、固定ネジを緩めると、「ぐぐっ」といやな予感。折れてしまいました。(涙)

 画像の黄色のところにネジ(ボルト)が付いていたのですが...。


 うーん。この狭いところでエキストラクターを入れるにしてもうまく穴があけられそうになりません。第一、錆がひどくて回らないかもしれません。


 このワイヤー固定金具が取り付けられているプレートが外れれば!と思い、固定ボルト(14mmレンチ使用)を外してみましたが外れません。ワイヤーを切断してしまえば回して外すことができそうですが、ワイヤーの外皮だけでも再利用できる可能性が残されている状況では切断はできません。


 こうなったら、錆ついた固定金具を犠牲にする作戦に切り替えました。(こんな金具なら作れそうです。)
 そういえばすぐ近くにコメリがあったな!と歩いて金のこの刃をを買いに行きました。ついでに、作業時マフラーなどの錆がぼろぼろ際限なく落ちてくるので作業ゴーグルを買いました。


 さて切断作業開始です。手を入れたら手先が見えないので(リフトなら見えるかも)手探りで作業です。なかなかうまく切れません。そうこうしているうちに日も暮れてタイムリミットです。うーん。また出直してきます。


 うまく力が入れられないので、金具の切断にはかなり時間がかかりそうです。次回は、まず錆ついたワイヤー芯線を車載状態で抜きとれるかチャレンジしてみます。うまく抜きとれれば、チューブ側を残したまま、車載状態で新しいワイヤー芯線を入れれば何とか復旧できるかもしれません。でも、固着していて抜けるかなぁ。


2009 . 6. 29 59703Km サーモスイッチ配線製作 所要時間 40分
バックアップ用サーモスイッチ

 今のところ試運転中はクーリングファンを強制運転しています。サーモスイッチが正常に働くか?まだ確認していません。念のため補償用としてバックアップ用サーモスイッチを取り付けられるように配線を作りました。

 平型端子で既存のサーモスイッチとパラで入るように配線するだけです。今回使用したサーモスイッチは自動車用ではありませんが、車載の実績もあるとのことで購入しました。このメーカーからは車載用の同様のスイッチもあるようなので入手ルートさえわかればよいのですが。

 明後日作業に行く予定なので試してみます。