ちょいんちょいん

ちょいんちょいん11号SM救出日誌

11号SM救出日誌 2009年7月

2009 . 7

所要時間 22時間 15分




2009 . 7. 1 59703Km LHM配管穴あき 所要時間 01時間 10分

 さて、いつもと変わらぬ作業開始の風景です。

 この後悲劇が....。


LHM漏れ

 アクセルワイヤーを取り外すためジャッキアップしました。すると、今まで漏れていなかったLHMがぼたぼた垂れているではないですか。

 漏れている箇所を探したいのはヤマヤマですが、今日の作業のメインであるアクセルケーブルの取り外しを優先します。


2009 . 7. 1 59703Km アクセルワイヤー取り外し 所要時間 02時間 00分
アングルドリル

 先日断念したアクセルワイヤーの取り外しに再挑戦です。
 まず最初は、ワイヤーだけ抜き取ることができれば、車載状態でワイヤーを組めばよいのでは?とバイスグリップでワイヤーを引き抜こうとしましたがあえなく断念。完全に錆付いています。

 次の作戦は、折れてしまったワイヤーケーブルの外皮を固定しているネジをドリルでもんで、ワイヤーケーブルの固定を解除する作戦です。

 狭いのでアングルドリルを使用します。


 あてがいましたが、ぎりぎりアウト。どうしてもドリルが垂直にあてられません。
 うーん。この方法だと、ワイヤーの固定部品は大きめのタップを当てれば再利用可能だったのですが残念です。



ジョイロボ

 もうアイデアは出尽くしたので、前回試みた方法、固定部品を切断するしかありません。この部品は壊してしまっても作れそうなので作ることにします。
 今日は秘密兵器ジョイロボを持参しました。


 これなら狭いところでも切断できそうです。手を患部に入れると良く見えないのがつらいところですが、前回の金のこよりは楽チンです。


 途中まで切断したところで様子をみると、完全に切断しなくても金具を曲げて、ケーブルを外すことができそうでした。

 途中で曲げてワイヤーの取り出しに成功。途中まで切断した金具は手でまわして取り外しました。


 次は、エンジンルーム側を外します。スパナ使用


アクセルケーブル取り外し完了

 やっとで取り外すことができました。ふーっ。

 でもこれからが始まりですね。


 ペダル側の様子です。完全に錆び付いてます。これでは再生は無理ですね。


 これがペダル側でケーブル(外皮)を固定していた金具です。切断した部分は首の皮一枚でつながっている状態です。これは再生できそうですね。


2009 . 7. 1 59703Km LHM配管穴あき2 所要時間 01時間 00分
アンダーガード

 アクセルワイヤーの取り外しが完了しましたので、先ほどのLHMが漏れている箇所を探します。

 錆びてぐずぐずになったアンダーガードを取り外して患部を探します。
 アンダーガードはこんなに腐食しています。このおかげでエンジンルームへの湿気を抑えてきたと思えば職務を全うしてくれたと言えるでしょう。しかし、そのアンダーガードも朽ち果て、すぐ上のLHM配管を腐食から救えませんでした。


 横引きのLHM配管が腐蝕して穴が開いたようです。


ナイアガラの滝

 確認のためエンジンをかけました。横引きの配管から数か所穴が開いて噴き出ていました。(おいおい写真なんか撮っている場合じゃないですね。)

 この配管がどこから外せるのか、頭からLHMを浴びた状態ではみるのもいやになり今日は撤収です。一難去ってまた一難ですね。ふーっ。いつになったら車を引き取れるのでしょうか。


2009 . 7. 1 59703Km アクセルケーブル選定 所要時間 01時間 10分

 今日の作業で、取り出したワイヤーケーブルは内部で完全に錆付いていて再利用できないことがわかりました。ワイヤーケーブルをどうにかしなければ?と帰り道、そういえばバイク用品店が近くにあったな?と20年ぶりくらいにバイク用品店に立ち寄りました。

 うーん。なかなか面白い。カー用品店とは比べモノにならないくらいマニアックなものが売っています。燃料ホースあり、錆取りケミカルあり、燃料フィルターあり、何かに使えそうな金具部品ありと、もちろんお目当てのワイヤーケーブルも多数ありました。楽しくなってしまいます。

 問題のワイヤーケーブルですが、もう錆はこりごりなのでSUS製を選定。チューブの内部はテフロンのようです。ノギスを店内に持ち込み合いそうなものを探しました。結局これが使えそうでした。蛇腹ブーツも付いています。2,000円もしません。助かりますね。

 ついでに、今日穴のあいたLHM配管の接合に使えそうなホースも購入しました。(少々頼りないホースですが)


2009 . 7. 2 59703Km アクセルワイヤー金具錆取り 所要時間 20分

 アクセルワイヤー関係金具をりん酸で錆取り中


2009 . 7. 4 59703Km アクセルケーブル固定金具ロウ付け 所要時間 01時間 10分
修復前

 先日、ワイヤーケーブルを外すため一部切断したワイヤーケーブル固定金具を修復します。


 本来ならガス(アセチレン)で補強したいところですが、今はガス溶接器具が手元にないので銀ろうで補強してみることにしました。バーナでろう付け中。


 なんとかつきました。強度不足を補うため山盛りにしました。(笑)
 あとは錆取りをして、塗装したいと思います。


2009 . 7. 5 59703Km アクセルケーブル固定金具修復 所要時間 01時間 00分

 ワイヤーケーブルを外す時、固定部分のボルトを外そうとして折れてしまったボルトを抜き取ります。


 残ったボルトに穴をあけ、エキストラクターで緩めてみます。


エキストラクター

 エキストラクターで回そうとしても、ボルト側が削れてしまい緩みません。完全に錆ついてしまっているようです。


 やむなく方針変更です。もともとついていたのはM4のようなので、新たにM5でタップを切ることにしました。


 M5のボルトを入れて無事完了です。これで最後の錆取りをして塗装工程に入りたいと思います。


2009 . 7. 5 59703Km アクセルケーブル製作:接続金具作成 所要時間 01時間 10分

 アクセルケーブルのワイヤー部分の末端接続部分ですが、先日模型店で買ってきた部品が在庫1個のみでした。注文しましたが連絡が無いので取り寄せは無理だったのかもしれません。あきらめモードです。

 その代わりとして、真鍮の部品を加工することにしました。(ジョイフル本田で購入)
 少々ネジ部が短いのが難点です。


 方法はワイヤーをクランプする金具を固定できるように、M3の穴を開けるだけです。タップでねじ切り。
 しんちゅうなので軽くていいのですが、強度がちょっと心配ですね。ペダル側、キャブ側どちらに使うか悩みそうです。


2009 . 7. 5 59703Km アクセルケーブル製作 所要時間 02時間 00分

 さて、金具ができましたので、ケーブル部分の加工に入ります。
   ペダル側は購入してきたバイク用のケーブルについてきたものを使います。こんな感じです。


 ケーブルの先端金具(キャブ側)は再利用します。外皮の長さは合うように切断しました。

 ケーブル外皮のチューブをの内側に挿入しました。


 キャブ側のワイヤーの末端はしんちゅうの金具を加工したものにしました。(画像上)
 イモネジにかけてあるナットはゆるみ止めです。


 ペダル側は模型屋で購入した金具を使いました。(画像下)


 はい!完成しました。まず一つ目の大きな問題がこれで解決です。


2009 . 7. 11 59703Km アクセルケーブル取付 所要時間 01時間 15分

 試行錯誤の末、多くの無駄遣いをしてしまいましたが、出来上がったアクセルワイヤーを取り付けます。

 今日はやむなく子連れでの作業です。子供達は初めて見る11号です。第一声は「すごいさびだね」そう言われれば確かにすごい錆びです。10号の錆をみて免疫がついているだろうと思っていましたが、たしかに10号を超えるものですね。(笑)


 自宅で作ってきたアクセルケーブルです。


 まずはアクセルペダル側です。ケーブル外皮を固定する金具をねじ込み取付しました。


 この金具へアクセルケーブルを取り付けます。
 ノーマルでは脇の固定ネジでケーブルを押しつけて固定するのですが、今回はこれに加え、ケーブル外皮末端のネジを使って固定することにしました。(手間が増えました。)


 次はワイヤー末端のボールジョイントの取り付けです。

 ボールジョイントを抜けないようにする細いピアノ線のような抜け止めがあるのですが、なかなか穴に入れづらいです。片手しか入れられず、見ることもできないので手探りです。なんとか悪戦苦闘して取り付け完了です。


 最後にキャブ側を接続して完了です。


かえる

 子供たちはかえる捕りに夢中です。


2009 . 7. 11 59703Km LHM配管補修 所要時間 50分

 前回、穴が開きLHMが噴き出した配管の補修をします。

 本来は、自宅にある10号をサンプルにあらかじめ補修用の配管を作っておこうと思っていました。しかし、その配管は10号には付いていませんでした。おなじSMでも細部で違うものなのですね。

 やむを得ず、配管加工具を持参し現地修理をする羽目になりました。穴の開いた配管をまるごと作り直そうと思ったのですが、全取り換えするのには奥まった各部の取り外しが必要になりそうです。


切断

 うーん。悩んだ挙句穴のあいた付近の配管のみ切り取り、その間をホースでつなぐことにしました。

 切断しました。残っていたLHMが垂れてます。


 結局、これだけの区間穴が開いてました。


 ホースをつないで完了です。(8mmホース使用)
 エンジンを始動して、漏れのないことを確認しました。


2009 . 7. 11 59703Km オイルクーラーホース亀裂発見 所要時間 15分

 アクセルワイヤー取り換え、LHM配管補修も終わりやっとで11号SMをお持ち帰りできる状態となりました。

 前回LHM漏れが発症したように、お持ち帰りの途中に壊れてしまっては困るので、しばらくエンジン始動し様子を見ました。アクセルをふかしていると、、、、、。


 子供が「あーっ!」と叫びました。エンジンルームの下をのぞくと…。エンジンオイルが漏れているではありませんか。それも大量に。(汗)

 すぐにエンジンを止め、地面の清掃です。


 オイルクーラー本体かオイルクーラーへのホースからの漏れでしょうか?この下の方から漏れているようです。

 ひとつ直るとまたひとつ壊れ....次から次へと参ります。


 もう暗くなり始め、子連れでもあるので、作業は次回へ見送りです。フロント下側のカウルを外して穴ふさぎが可能か調べるしかないですね。


2009 . 7. 17 59703Km オイルクーラー取り外し 所要時間 03時間 10分

 前回やっとで救出整備完了と思ったところでエンジンオイル漏れが発症。対策をします。

 まずはオイルクーラーも外して点検、掃除することにしました。

 そのためには、フロントのカウルを外す必要がありそうです。


ボルト曲がり

 下側からボルトで何箇所か固定されているようです。大したことないと思いきや、ボルト4本なかなか外れません。錆ついてしまったものは折れてしまいました。はたまた、錆ついて、ナット側のおさえが壊れて外れて空回りしたり、何かがぶつかったのか、ボルトの頭が曲がっていてレンチがかからないものなど、、、。


 ジョイロボでボルトの頭をカットしましたが時間がかかる!。うーん。ドリルは持ってきていたものの、ドリルの刃がない。やむなく近くのコメリまでドリルの刃を買いに行きました。


ドリルでもんでなんとかカウルの取り外しが終わったところでタイムリミットです。


オイルクーラーのみ取り外して今日の作業は終わりです。


2009 . 7. 20 59703Km オイルホース取り外し 所要時間 02時間 00分

 残されたオイルクーラーへのホースを取り外します。

 今日は子連れ整備です。暑いです。

 作業を開始しようと準備をしていると、長男が「あっ!プルリエル」と叫んだので道路を見てみるとシルバーのプルリエルから手を振る人が、、。信号が青になってしまいすぐに出てしまいました。
 しばらくすると、プルリエルが我がガレージへ。I氏の知り合いのプルリエル界の大御所K氏でした。SMを見つけて思わず来てしまったとのことでした。これからディーラーに行くところとのことでした。またお立ち寄りください!


 さて作業開始です。

 オイルの漏れていた箇所はどうやらここのようです。


 まずはエンジン側ホースの接続部分を外します。オイルフィルターが邪魔になるので外しました。


 24mmのスパナが入っていると思い持ってきたセットが23mmでした。えーっ!やむなくモンキーで挑戦。

 いやぁ固い固い。悪戦苦闘しやっとで外せました。


 次にホースの支持部分の取り外しです。まずはエンジンルーム後方部分。8mmレンチ使用。


 次はエンジンヘッド部分2か所に固定されています。うーん。こんな震動があって熱いところに取りまわすなんて。でも、10年以上漏れずに健在だったということになるので十分な能力のホースだったといえるのでしょう。

 タイヤハウス付近の固定部分の取り外し中です。
 ホース取り外し完了です。


2009 . 7. 20 59703Km 冷却水ホース取替え 所要時間 15分

 冷却水ホースの傷みで漏れてきました。


 ホース、ホースバンドを交換しました。


2009 . 7. 22 59703Km オイルホース分解 所要時間 01時間 30分

 ホースを注文するために、口金を分解しました。圧着している部分をジョイロボで切断し、ホースを取り外しました。

 タケノコの直径は16mm程度。オイルホースを注文しました。丈夫なほうが良いので150度ではなく100度のホースを注文しました。圧は低いし、応急処置ができるように、口金はかしめずホースバンドで固定することにします。


 クランプで留める部分の保護するパーツを抜き取ります。


2009 . 7. 25 59703Km オイルホース取付 所要時間 02時間 00分

 やっとで使えそうなオイルホースを探し出し、入手できましたので取付をします。


オイル抜き取り

 まずはエンジンオイルを抜きます。


 まずはエンジン側より取り付けることにしました。ホースの取りまわしを変えるつもりなので、実際にホースの配置が決まってからホースをカットする算段です。

 矢印の部分にホース接続のためのタケノコを取り付けます。


タケノコ

 これがもともと付いていたホースから外したタケノコです。


 奥の穴からタケノコをねじ込みます。


 ホースを差込、ホースバンドで締め付けます。

 同様に手前側も取り付けます。


オイルクーラー

 オイルクーラーにタケノコを取り付け、オイルクーラーを定位置に取り付けました。


 車室側を沿わせて


 あまり通したくありませんが、クーラントリザーバータンクの上を通過させることにしました。
(熱くなる部分には断熱チューブを被せました。)
 フェンダー脇を通して


 クランプで固定しました。


 ホースをカットして接続して完成です。

 せっかくオイルクーラーからもオイルが抜けている状態なので、きれいさっぱりオイル交換することにしました。すでに1度オイル交換していますが、まだオイルは真っ黒でした。
 6リッター弱でアッパーレベルになりました。(まだオイルフィルター、オイルクーラーにオイルが回っていないので、エンジン始動後補充します。)

 エンジンをかけようとしましたが今日はかかりませんでした(笑)。まだどこか接触が悪いようです。