ちょいんちょいん

ちょいんちょいん11号SM救出日誌

11号SM救出日誌 2009年8月

2009 . 8

所要時間 1日 02時間 20分




2009 . 8. 1 59703Km アース補強 所要時間 15分

 レギュレーター隣のリレーの接触が疑わしかったのでアースを補強しました。


2009 . 8. 1 59703Km プラグ交換 所要時間 01時間 00分
プラグ

 いつ交換したプラグかわからないのでプラグを交換することにしました。
 10号はプラグの端子(頭)は太いままでOKでしたが、11号は細いです。

 前回はエンジンがかかりませんでしたが、今日はひとひねりでかかりました。


 前回交換したエンジンオイルクーラー系統からの漏れもなく良好です。

 循環させたためオイルを追加補充約1リットルです。合計で7リットル強というところでしょうか。


2009 . 8. 1 59703Km 燃料ゲージ取り外し 所要時間 01時間 00分

 さて、これであと燃料系を何とかすれば自走救出が可能になりそうです。

 トランクの荷物を出し、まず給油口へのホースを隠ぺいするカバーの撤去です。プラスドライバー使用。
 このカバーはアルミ板でできてるんですね。今の車では考えられないですね。


 ホースバンドが錆びて切れていました。危ない危ない。


 次にタンク本体のカバー(トランクのフロア)を外します。8mmレンチ使用。

 うーん3本ボルトがちぎれてしまいました。この錆では仕方ありません。


 カバーを外しました。こちらのカバーもアルミ板製です。

 タンクは10号は樹脂製ですが、11号は金属製です。

 


ゲージ

 10号は燃料ゲージと吸い口が2CVのように一体構造でしたが、11号は分離されていました。


 吸い口と燃料ポンプ側のホースとのジョイント(ゴム製のホースのようなジョイント)を外そうと少し触れると、いとも簡単に折れてしまいました。経年劣化で脆くなっていたようです。危ない危ない。このまま乗っていたら、いずれ立ち往生してましたね。

 「ホースのようなジョイント」といっても、燃料ポンプ側と吸い口のパイプの径が違うので、両側が異径になっています。
 改善の余地がありますね。


 吸い口を取り外すと、先端にはなにも付いていません。本来ならストレーナー(網)がついているはずなのに..。


 うーんどうしたのでしょうか。

 タンクの底を見るとありました。錆びて粉々になった残骸が....。タンクを開けてよかったです。このまま動かしたらあっという間に詰まってしまったかも知れません。持ち帰り修理ですね。

 タンクの底から取り出した錆です。



後日談:これだけ放置されていたのにもかかわらずタンク内面の錆はうっすらと出ている程度で、タンク内面の錆の粉が落ちてタンクに沈むというという状況ではありませんでした。したがって、SMの場合、もし燃料系が錆びで詰まったとしたら、ストレーナーが朽ち果てた錆かもしれませんね。


 次はゲージです。うーん。こちらもひどい。10号よりひどいですね。錆びて全く動きません。無理に動かさずそのまま持ち帰り修理です。

 燃料タンクを持って帰りたいところでしたが、重くて持ち上げられませんでした。対策を練って出直しです。

 今日は祭りなので、まだまだ作業したいですが引き上げです。


2009 . 8. 2 59703Km 燃料ゲージ修理 所要時間 02時間 00分

 取り外してきた燃料ゲージ(抵抗体は取り外してあります)を昨晩からりん酸につけておきました。動かなかったゲージも可動するようになりました。


 10号のゲージと同様、腐食はひどいものの、抵抗体(ニクロム線?)は無傷ですので再生可能ですね。
 


 サビは落ちたので金属部分の表面処理です。 ガソリンに浸かるので塗料の選定が難しいので10号同様亜鉛めっきすることにしました。


 残る問題は2点。ひとつは、可動部への導通のためのブラシが外れていてかつ亀裂がはいっています。半田で取り付け、かつ薄い銅板で補強しました。


 もう一つの問題は、抵抗体に接触させる金具が折れてしまっています。
 若干短くなりますが折り曲げて重ねた部分を半田付け処理します。この位は半田で十分でしょう。
 この状態で組み付けましたが、短くなったため、ニクロム線には接触せずNG。金具の先を曲げて、形状を変え接触するようにしました。
 各接点をペーパーで磨いて組み付けました。ゲージの抵抗と、警報接点の接触を確認して完了です。


パッキン

 パッキンを製作しました。


2009 . 8. 2 59703Km 吸い口修理 所要時間 03時間 00分
吸い口修理

 吸い口もゲージと同様錆びています。昨晩からりん酸につけておきました。

 先端にはタール状(腐ったガソリン?)のものが詰まっていました。
一応、燃料ポンプでガソリンを吸い出すことができていましたが、大分詰まっていました。(10号は完全に詰まってました。)


 錆取りが完了してから、ゲージ同様、亜鉛めっきをしました。


 さて、こちらのひとつ目の問題。吸い口と燃料ポンプ側のホースの径の違いをどうするかです。


 実は、10号を整備工場に出している時、吸い口が再生不能ということで、現品を送ってもらいこちらで修理して返送したのですが、その後、「ホースの径がが違う。いじったのか?」と整備工場から問い合わせがきました。
 いじるはずもなく、その時は言っている意味が分からなかったのですが、今回11号をみて納得しました。ジョイントの入口と出口で径が違っているのです。結局、10号は「径が合わず、ホースが太いのでタイラップで絞めつけておきました。」とのことでした。でも、その処置が心配なので10号もそのうち直さなくてはなりませんね。

 ところで、11号はどうするか?無理やり締め付けるのはしたくないので、太いほうの燃料ポンプ側ホース(外径約8mm)に合わせて、ジョイントには8mmのホースを使い、細い吸い口側は、ホースを締め付けるのではなく、外径8mmの銅パイプをろう付けして、無理なく普通のホースで接続できるようにします。銅パイプです。
 大事な部分なのでロウには銀を使いました。吸い口パイプに被せた銅パイプとの間に銀を流し込んで完了です。


2009 . 8. 2 59703Km スフェアリチャージ 所要時間 01時間 00分

 10号のリアスフェアのリチャージをします。というのは、リチャージをした球を現地へ持って行き11号のスフェアと交換しようという魂胆です。

 まず右側です。おへそを緩めてみるとガスが出ない。いやな予感で外したおへその先端を見てみるとLHMがついていました。膜が破けているのかな?半信半疑でバルブを取り付け、窒素注入。当然ですが、球の中に溜まったLHMが噴き出します。全部のLHMが抜けて、意外や意外。圧が保持されてるではありませんか。
 うーん。普通はおへそにLHMがついていれば間違いなく破けているといえると思いますが、土星球のなのでOH作業時にLHMがついてしまった。ということもあるかもしれません。(ちょっとプラス思考すぎるかもしれませんが(笑)。)
 さて、どうしたことか。今、圧が残っているのは穴の開いた膜の部分が球の内面に押し付けられてふさがっているのかもしれません。うーん。勘ぐれば勘ぐるほどわからなくなります。

 明日でもガスが抜けていないか、圧を計ってみようかなぁ。


2009 . 8. 11 59703Km フエルストレーナ組み付け

 完全に錆びて朽ち果ててしまったストレーナをどうするか迷い続けていました。10号の時は網の受け部分は残っていたので、茶こし網の流用で再生できましたが、今回は網の受け部分も完全に錆びてなくなってしまっています。他車のものを流用しようと10号の時にあちこち探しましたが、ストレーナだけ供給しているのは見つかりませんでした。その後、ストレーナ単品で入手できるものを発見!購入しました。

 このストレーナは中心に接続部があり、よくある国産車の物のように左右どちらかに偏るものと違い、SMには具合がいいです。


 あとは、吸口のパイプとどう接合するかです。当初は厚い円盤状の金具を作り、パイプの先にロウ付けしようと思っていましたが、誰でも再現できるように、もっと簡単な方法を検討しました。

 金属加工をしないようにゴムを使うことしました。ゴムは2mm厚のフッ素ゴムです。外形20mm、内径5mmに加工したものを2枚用意します。


 これをパイプに差し込み、そのゴムにストレーナをはめ込むだけです。

 このゴムがどこまでガソリンに耐えられるか試験していきたいと思います。


2009 . 8. 16 59703Km 燃料タンク取り外し 所要時間 40分

 前回、重くて取り出すことができなかった燃料タンク取り出しに再挑戦です。
 どうしたら取り出せるか?考えた挙句バキュームの取手を使うことにしました。こんな感じです。


 はい取り外しました。


 タンクの納まっていたシャーシ側はやはり錆びています。


 中の錆と汚れはというと、放置されていた期間を考えると、それほどひどくない感じです。

 後日汚れを落とすと、底面には錆は付いていませんでした。したがって底面付いてるのは錆ではなくタール状になった古いガソリンです。縦面(仕切板)にはタール状のものと若干の錆の両方が付着している状況です。


 抜いたガソリンはこんな感じです。数回ガソリンですすいでますので、最初はもっと濃かったです。
 台所洗剤ですすぎました。あまり効果は感じられませんでした。
 実は先日、いい機会なので、きれいに内面コーティングしようとタンクシーラー、マリンクリーン等を注文しました。
 しかし、よくよく見てみるとタンクの上面中央に配管がありました。うーん。これでコーティングしたら詰まってしまう可能性があります。タンク内面の配管部分にマスキングできればよいのですが手が入りません。最後の手段は処理をした直後に、パイプ内にエアーを通して開通させるしかないでしょうか。
 タンクシーラーを注文してしまいましたが、失敗した時のことを恐れ、なるべく使わないでおこうと思います。

 とりあえずタンクはCXで自宅へ持ち帰り、洗浄することにします。


2009 . 8. 16 59703Km 電動ファン用サーモスイッチ(補助用)取付・試 所要時間 10分

 サーモスイッチの動作が心配だったので、補助用として温度スイッチを取り付けます。加工は自宅で済ませてきました。
 既存のサーモスイッチとパラに入れるだけです。
 スイッチ本体はアッパーホース差し込み部分にタイラップで絞めつけました。

 エンジンを始動して様子を見ながらアイドリング。うまく作動しました。これでひとまず安心です。


2009 . 8. 16 59703Km リアスフェア交換 所要時間 01時間 00分

 10号から外してリチャージしたスフェアを11号に取り付けます。

 まずは腐って邪魔なマフラーを外してしまうことにしました。11mmレンチ使用。錆ついていたので緩めては戻しの繰り返しです。

 ふーやっとで日陰での作業です。唯一の日陰は車の下だけです。炎天下での作業では、頭に水をかけながらしています。疲れます。


 スフェアを外し


 10号から外したスフェアを取り付けました。


2009 . 8. 16 59703Km 保安電気系統チェック 所要時間 03時間 10分

 自走して帰るには保安系統を正常にする必要があります。灯火類をチェックしました。

 ハッキリ言ってほぼ全滅です。ギボシの接触、電球ソケットの接触アースの確認等行いました。

 球切れは2個、一番多かったのは、バルブのマイナス側のソケット部分での接触不良でした。

 こちらはサイドマーカーの分岐部分の接触不良。あまりやりたくないですが、同じ方法で引き直しました。
 あとは右のウインカーは、バンパーへのアース部分のナットが完全に緩んでいて接触不良。
 球切れした球を近くのコメリへ買いに行きましたがあったのは10Wの車幅灯のみ。20/5Wはありませんでした。
 8/3.7Wは球切れではないのですが、右側は違うバルブがついていて、反射鏡部分が接触して溶けてしまっていました。


2009 . 8. 16 59703Km 内装清掃 所要時間 01時間 10分

 リアシートを掃除してハイドケア処理をしました。

 ダッシュボードを掃除して、アーマオールを塗りました。
 11号のダッシュボードは、若干ひび割れがあります。私的にはこのままでも気にならない範囲です。しかし、これ以上広がらないようにしたいと思います。


2009 . 8. 17 59703Km 燃料タンク洗浄 所要時間 01時間 00分

 燃料タンクの洗浄続きです。
 マジックリンに浸けておきましたが、若干汚れは落ちているようです。が、まだまだです。
 今日はメタルクリーナー(エイシン)を使ってみました。粉末をお湯で割ってみました。なかなか良く落ちます。
 何かよくわからなかった赤錆と汚れの混合した物体ですが、これが大分取れました。
 気を良くして、もっとメタルクリーナーを購入しようとネットで探しましたが、時すでに遅し、もう流通していませんでした。
 今日、注文しておいた「マリンクリーン」が届いたので、明日使ってみたいと思います。


2009 . 8. 18 59703Km 燃料タンク洗浄 所要時間 50分

 一晩、メタルクリーンにつけておいて大分汚れがとれたと思います。
 キャブクリーナーを吹き付けてみると、すぐに茶色に溶け出してきます。効果はありますが、コスト高につき却下です。

 ということで、今日は先日届いた「マリンクリーン」を使ってみることにします。
 何にも使い方もわからず購入してしまいましたが、なんと薄められるのは1:1まで!。1本しか購入しなかったので、1L弱で薄めても2L弱。これでは90Lのタンクにどうやって使えばいいのでしょう。ちょっとつけるだけで落ちるような強力な洗浄力があることを期待します。


 買ってしまった1本でどれだけの能力があるのか試してみます。

 60度のお湯でタンク内を洗浄、温めた後、原液で薄めず投入しました。タンクの外側にお湯をかけて少しでも反応を促進させました。一晩置いておきます。


2009 . 8. 19 59703Km 燃料タンク洗浄 所要時間 01時間 00分

 昨晩からメタルクリーンを投入しておきましたがどうでしょうか。

 少しは落ちていますが、きれいさっぱりとれる強力な洗浄力とはいえないようです。腐ったガソリンのガム質に対しては効果があるのかもしれませんが、それは既にメタルクリーンできれいに落ちてしまいました。コストパフォーマンスが低そうなのでマリンクリーンは買い足しはやめます。(約2000円/L也) おまけに金属に対する攻撃性についてよくわからないのでちょっと怖いです。

 メタルクリーン(エイシン)は既に残り500gしかありません。うーんどうしましょう。もう入手困難ですので代品を探さなくてはなりません。
 サンエスKなるものが手持ちであり、かつ今でも入手可能なので試してみたいのですが、金属を侵すので漬け置き厳禁ということなのでやめておきます。メタルクリーン(エイシン)1K500円強程安価なものはないでしょうが、似たようなものを探さなくてはなりません。たっぷり買ってどっぷり浸けたいです。
 夜、期待外れだったマリンクリーンを抜いて、もう一度、最後の残りのメタルクリーンを投入することにしました。落ちてくれるといいのですが。

 メタルクリーンは使い切ってしまいましたので、能書きが似たようなものたろうのパーツクリーナーを注文しました。効いてくれるといいのですが。



2009 . 8. 20 59703Km 燃料タンク洗浄 所要時間 01時間 10分

 約24時間浸けておいたメタルクリーン水溶液の状況です。一応汚れは溶け出しているようですね。
 液量が少ないとはいえ気が遠くなります。思い切ってリン酸系錆取りでも入れれば落ちそうですが、そうしたらコーティングしなくてはなりません。できればコーティングしたくないので、とりあえず、今注文しているパーツクリーナーを試してだめならリン酸錆取りとコーティングをしようと思います。


2009 . 8. 21 59703Km 燃料タンク洗浄 所要時間 01時間 00分

 浸けておいたメタルクリーンはほどほど汚れは落ちてきているようです。今日は、どっぷり浸けるため、モノタロウのパーツクリーナー2Kgを使用したいと思います。

 効果を最大限に引き出すため、熱湯を注ぎました。30Lです。時折タンクを揺すって撹拌しました。さて効果はどうでしょうか。


2009 . 8. 22 59703Km 燃料タンク洗浄 所要時間 01時間 00分

 昨日浸けたモノタロウパーツクリーナーはというと、残念ながらほとんど効果なし。がっかりです。取れる汚れはもう落ち切ってしまっているという可能性はありますが、明日まで様子を見ることにしました。

 近くの部品屋で頭の低いバルブを買ってきました。

 分割式のドライブシャフトブーツの寸法表がないか聞きましたが、無いとのことでした。11号SMのアウターのブーツが付いていないのでなんとかカバーでだけでもできないか検討中です。


2009 . 8. 23 59703Km 燃料タンク洗浄 所要時間 01時間 20分

 がんばってゆすり続けながら1日半、モノタロウパーツクリーナを浸けてきましたが、全くの効果なし。良かれと思い購入しましたが無意味でした。逆に時間をロスしてしまいました。もうやけくそで、使用済みのメタルクリーナを追加投入。しばらく置くと効果がでてきました。全部アルカリだから大丈夫だろうと続いて使用済みマリンクリーンも投入。夜、効果を確認すると落ちてきています。しばらく浸け置きします。

 現状では、ガソリンが汚れるほどの状況ではないので、完了としてもいいのかもしれません。そろそろ錆以外のものは落ちていると判断できそうです。あとはじっくり様子をみます。


2009 . 8. 23 59703Km 燃料ポンプフィルター清掃 所要時間 50分

 11号の燃料ポンプの動作は既に確認済みなので安心なのですが、フィルターを掃除したときにフィルターの崩壊という図式を恐れ、10号の燃料ポンプからフィルターを取り出し予備とする作戦にしました。

 10号の燃料ポンプは、納車前に自動車整備工場で燃料ポンプが駄目だとのことで、国産品への交換を依頼しました。その取り外し品が手元にある純正燃料ポンプです。

 壊れているといわれたけど、電圧をかけてびっくり。動くし、ガソリン吸い出すし、、、、。ギボシの接触不良だったのでしょうか。それだけで燃料ポンプが壊れている診断されたのでしょうか???。電気は苦手なのでしょうか?新品ポンプの値段はそのお店では倍がけですから、燃料ポンプを交換したのは失敗でした。いいカモなってしまったようです。言われたことを鵜呑みにしてしまったことに反省してます。


 話はそれてしまいました。ポンプは壊れてなかったのですが、目的のフィルターを取り出します。
 16mmのレンチを使用しました。


 フィルターを取り出しました。


 エアーを吹いて清掃。まだまだ使えそうですね。洗浄して11号の救出予備品として活用したいと思います。

 でも、この燃料ポンプ良く見ると、昔に自動車機器から出ていた燃料ポンプに似ているような。コピー品なのでしょうか。また、最近見つけたNISMOの燃料ポンプが形状がそっくりです。これらがコピー品なら、フィルターも取り寄せれば使えるのかも!!調べてみようかな。


2009 . 8. 29 59703Km 燃料ホース交換、フィルター取付 所要時間 01時間 00分

 燃料タンクの汚れが落ちないので、タンクは後回しで、できる部分から作業です。

 まずは、燃料フィルター周りのホースの交換です。ホースは内径8mmのホースを使用しました。
 燃料フィルターは今回は試験用として中の見えるものにしました。最終的には東洋エレメントの物をつけようと思っています。そのためホースはちょっと長めです。


 あとこちらは燃料タンク側です。ジョイントが崩壊してしまった箇所です。崩壊してしまったジョイントの代わりに8mm燃料ホースを使用します。(前述のように吸い口側は銅パイプロウ付け加工により径を太くしてあります。)  


2009 . 8. 29 59703Km ハンドル周り復旧 所要時間 01時間 00分

 自走して救出するにはハンドル周りを復旧しておく必要があります。危険ですからね。
 復旧完了です。

 えっ?ステアリングがキモチワルイ?とろけてしまってます。


2009 . 8. 29 59703Km バルブ交換 所要時間 20分

 買ってきたバルブを交換します。よくよく右側と比べるとバルブが違う!どっちが正しいかわかりません。そのうち調べて正しくしておく必要があります。


 さて、ドライブシャフトブーツ(アウター)が左右共破けてなくなってしまっています。20年以上前に整備された時には、きっとブーツはもともと無いものとされて取り付けられなかったのでしょうか。シャフトにバンドは残っているんですけどね。
 幸い、中にはグリースが残っていますが、砂埃が入っていないか心配です。とりあえず掻き出せるところは掻き出して洗浄しました。

 さて、一番迷ったのはブーツをどうするか?グリースアップしておけば自宅へ帰るくらいは大丈夫だと思うのですが、、、。以前、きぼーるで展示してあったトラクシオンのシャフトを見たときブーツは付いていなかったので昔は無いのが当たり前なのかもしれません(?)。

 折角ですので応急処置を検討しました。この場でシャフトを外して交換することはちょっとできないし(遠慮モード)、簡単にできる方法を検討しました。
 市販の分割式ブーツで被せるにもSMは小径側がとても太く、汎用部ブーツメーカーにも確認しましたが適合するものがありませんでした。パロートの場合、グロメットを挿入しなければ太くできるのでその方法も調べましたが、それでも径は足りませんでした。
 こうなったら自分で分割式ドライブシャフトブーツを作らなくてはなりません。結局選んだのはこのブーツ。行きつけの店でいつも在庫がある大野ブーツです。大径側は98mmで最大のものです。内径側は28mmですが、切り詰めることで対応します。


 ここで、1段目のくびれを使うのであれば、市販の分割式ブーツでも選択の範囲が広がり使用可能ですが、切るんだったら高い分割式ブーツを使うのはもったいないということで、分割式ではない汎用ブーツを使いたいと思います。

 新品のブーツを切るなんてなんてもったいない!当初、ギザギザのはさみでカットして接着力を増そうと思っていましたが、自宅から持ってくるのを忘れてしまいました。途中何軒かホームセンターに寄り探しましたが見つからず断念。仕方無く直線ばさみでカット。接着部分の力を分散させるため斜めにカットしました。
 小径側は1段目のくびれを使います。


 接着はこの接着剤。誰でも試せるよう一般的なものを選択しました。(こんなこと誰もまねしないですね)
 その昔、エイシンでブーツのゴムを接着する接着剤が売っていましたが、高くて買えませんでした。買っておけばよかったです。後悔


 現行車であれば、接着剤ごときでは剥れてしまうのは目に見えていますが、SMはカルダンなのでシャフトへの固定部分は小径側の1箇所だけなので、強い力がかかりにくいのではという期待からの試行ですね。

 あとは接着して次回まで完全に固めます。

 さてうまくいくでしょうか。目的はグリースの飛散抑制と砂埃混入の回避です。小径側はタイラップかなんかで固定しようと思っています。SMは等速ドライブシャフトとはいえ、この部分は等速ではないと思うので、大径側はフリーです。うーん。本当はもう少し大径側が太いブーツが欲しかったんですけどね。うまくはまると良いのですが。


2009 . 8. 29 59703Km ヘッドカバー増し締め 所要時間 10分

 着々と近づく救出の日の準備として、今日もエンジンを試運転しました。しばらく回しているとエンジンオイルが垂れてきました。うっ!また救出が延期か!と思いましたが、単にヘッドカバーの締め付け不足でした。
 救出作戦第一日目に、エンジン始動前にヘッドカバーを外したのですが、その時の締め付け不足でした。
 軽く増し締めして完了です。大事でなくて一安心です。


2009 . 8. 29 59703Km ホーンがならない 所要時間 15分

 救出時、何かあったときに鳴らすホーンは必需品です。ホーンのチェックを行ったところホーンが鳴りません。ホーンのコンプレッサー部分を外して持ち帰ります。