NEW!

ちょいんちょいん

ちょいんちょいん11号SM救出日誌

11号SM救出日誌 2009年9月

2009 . 9

所要時間 21時間 55分




2009 . 9. 1 59703Km ホーンコンプレッサー修理 所要時間 01時間 00分

 前回の修理の時、動作しないエアホーンコンプレッサーを自宅へ持ち帰りしたので修理します。

 まずはモーター側です。ブラシの残量は問題なしでした。各コイルはOK。接点がかなり汚れていたので磨きました。


 コンプレッサー側は錆もなく良好でした。
 各部給脂して組み立てて完了です。回るようになりました。


2009 . 9. 5 59703Km 燃料タンク錆捕り 所要時間 01時間 00分
タンク内部

 洗浄剤で落ちる汚れは、落ち切ったと思われます。ついにやりたくなかった錆落としをします。


 今回用意したのは、贅沢にラストリムーバー1ガロン(りん酸を買いに行く時間が無かったからなのですが)です。これでも足りないような気がしますが何とかやってみたいと思います。


 温めたタンク内に温めたラストリムーバー約2Lを注ぎました。ごろごろ回転させタンク内に行きわたらせます。

 あまり長時間同じ状態にしておくと、カス(?)がこびりつく恐れがあるので、できる限り動かしていきたいと思います。
 残りのラストリムーバは時々霧吹きでタンク内部へ吹きつけます。本当は大量に注いでタンク内を満たしたいのですが予算的に厳しいです。


2009 . 9. 6 59703Km 燃料タンク錆取り 所要時間 01時間 10分

 昨日に引き続き錆取りです。暇を見つけてタンクをごろごろさせて、霧吹きで吹き付けます。
 大分処理は進んでいますが、長期戦になるかもしれませんね。ラストリムーバの追加投入も検討中です。


2009 . 9. 7 59703Km 燃料タンク錆取り 所要時間 30分

 仕事帰りが遅く18時間程タンクを動かせなかったです。恐れていた黒い物体が張り付いてしまいました。さらに上からラストリムーバーを吹き付け様子を見ました。
 引き続きタンクの向きを変えながら錆取りを続けます。

 


2009 . 9. 9 59703Km 燃料タンク錆取り 所要時間 01時間 00分

 錆取りも大詰めになってきました。見えるところは大体錆は落ちました。黒い皮膜が発生しています。最終仕上げの前にもう一回すすぎをしてリン酸を投入する予定です。
 その前に、今投入されているラストリムーバーをお湯で薄めて浸けておくことにしました。
 残っているのはおよそ3リッターのラストリムーバーの原液なので、3%ほどに薄まってしまうので効果はないと思われます。

 明日になったら、新しいリン酸の水溶液を投入しようと思います。 


2009 . 9. 10 59703Km ドライブシャフトブーツ組み付け 所要時間 01時間 00分

今日は自宅作業ではなく現車作業です。

 前回の現地作業時にカットしたドライブシャフトブーツを接着材で接合しましたが、そのブーツを定位置に組み付けを行います。

 接着具合はどうでしょか。はがれたら困るのであまり強くは引っ張れなかったですが、なかなか強く付いているようです。
 まずは小径側をはめ込むために、グリースニップルを外します。


 外した状態でブーツをはめ込みます。その後ニップルを再取付。
 大径側には動きやすいようにオイルを塗っておきました。きつくもなくゆるくもなくなかなかいいサイズです。
 グリースアップして完了です。

 ひとまず救出のための応急処置なので、後日ブーツを手に入れたらきちんとやり直したいですね。


2009 . 9. 10 59703Km 各部グリースアップ 所要時間 15分

 ついでに各部グリースアップします。
 10号と比べるとグリースアップの箇所が減っています。10号にはカップリングロッド等のボールジョイントの部分にもあったはずなのに11号にはありません。個人的にはグリースアップできたほうが嬉しいんですけどね。


2009 . 9. 10 59703Km ホーンコンプレッサー取り付け 所要時間 15分

 自宅で修理したホーンコンプレッサーを取り付けます。修理した証として塗装しておきました。(笑)
 取り付け中です。(11mmレンチ使用)
 配線を取り付け動作確認してOKです。20年ぶりに純正サウンドを奏でました。


2009 . 9. 10 59703Km 燃料ポンプ清掃 所要時間 30分

 燃料タンクはまださび取りの途中ですが、燃料ポンプのラインを使ってガソリン供給が可能か試験をすることにしました。

 まずは燃料ポンプ(フィルター)を清掃します。
 右後輪を外して、ポンプを覆うカバーを外しています。(8mmレンチ使用)


 燃料ポンプの中のフィルターを取り出します。(16mmレンチ使用)あまり16mmレンチは使いませんね。2CVのエンジンマウントやミッションとエンジンの接続部分あと数か所くらいしか記憶にありません。もっと使わなかったのは18mm。2CVのショックの部分だけのような。


 取り出したフィルターです。洗浄すればまだまだ使えそうです。蓋の磁石の部分には鉄粉とタール状のガソリンがついてます。

 洗浄して取り付けました。(ポンプ側も洗浄しました。)

 ここで燃料ポンプにつながるホースも交換するつもりでしたが、ガソリン用のホースを自宅へ忘れてきてしまいました。固くなってはいますが、すぐに漏れる状況ではなさそうだったので、交換は救出後に持ち越しとします。


2009 . 9. 10 59703Km キャブライン接続 所要時間 15分

 いままで、サブタンクを直接キャブへ接続していましたが、ポンプからのラインを試験するため接続替えをします。

 エンジンルーム内のホース、燃料フィルター(応急用)、は既に接続済みなので、キャブへ接続するだけです。

 8mmのホースです。(10号は納車前の整備でホースを変えてありましたが9mmのホースを使用していたのでゆるゆるで無理やり締め付けてありました。)

 接続完了です。


 接続、洗浄が完了しましたので試運転をします。

 燃料タンクはまだ自宅で錆取り中なのでトランク内にサブタンクを吊り下げ、燃料ポンプへホースを接続しました。

 さてエンジン始動です。

 無事ガソリンが供給され始動しました。

 これで救出までまた一歩近づきました。あとはとにかくガソリンタンクとホイール錆取りを何とかしなくてはなりません。

 これで本日の作業終了です。帰りにオーナーのところへ再交付等手続きをお願いしていた11号の書類をいただきに上がりました。書類がどうなるか心配でしたがなんとか書類が出来上がりホッとしました。書類が×なら今までの作業が無意味になってしまうところでした。
 あとは残りの作業をラストスパートで頑張ります。救出予定日まであと10日です。


2009 . 9. 11 59703Km 燃料タンク錆取り 所要時間 01時間 00分

 錆取りの仕上げに取りかかります。

 明日までごろごろさせます。明日最終仕上げの予定です。  今回はリン酸水溶液4リッター投入しました。揺すったりごろごろ向きを変えます。
 しばらくした後さらにリン酸水溶液2L追加投入しました。


2009 . 9. 12 59703Km ホイール錆取り 所要時間 07時間 00分

 11号から外してきたホイールは、錆取り液をかける程度で大した処置はしていませんでしたが、注文したタイヤも届きましたので、本腰入れて錆取りします。

 サンダー、ドリルを駆使して錆を取ります。リムの部分は削れたり腐食したりで凸凹になっているので、削って成形しました。
 4本で7時間位作業したでしょうか。いつもながら錆取りは堪えます。錆取り液を併用していきます。まだ終わっていません。


2009 . 9. 13 59703Km タンクシーラー前処理 所要時間 03時間 00分

 昨日から生きのいいリン酸水溶液に浸けておきました。さすがに錆は完全に落ちています。

 しかし一晩漬けてしまったので、いつもながらの黒い皮膜ができてしまっています。この皮膜を落とすため洗浄します。


 まず、液を取り除き、60度のお湯で洗浄。大分皮膜が落ちましたがまだ少し残っています。

 もう一度、液を投入しごろごろします。大量の黒い皮膜が落ちました。

 次に、また液を抜きとり最終仕上げの準備です。
 また、60度のお湯で洗浄し、一旦ついた皮膜(先ほどの黒い皮膜とは違い白い皮膜です)をとります。お湯をかけると簡単に落ちます。するとすぐさま錆が発生します。


 十分皮膜がとれたら、最終仕上げです。最終仕上げには使いなれたラストリムーバー(小)1本を使います。タンクの奥は見えないので、加減のわかるリストリムーバーにしました。


 60度に温めたタンクに、60度に温めたラストリムーバーを投入し、各部に行きわたるようにごろごろします。

 タンクの外側から60度のお湯をかけながら、皮膜生成反応(?)を促進します。

 一時間ほどごろごろして液を抜き取り完了です。


 ここですぐさま布団乾燥機で乾燥します。布団乾燥機を使ってくださいと言わんばかりのぴったりサイズです。様子を見ながら6時間以上乾燥しました。  


 苦労した甲斐あってなかなかきれいに処理できました。


タンクシーラー処理

 乾燥完了し、やっとでタンクシーラーが施工できる状態になりました。十分乾燥されましたのでタンクシーラーを投入します。POR−15は使ったことはありますがタンクシーラーは初めてです。

 缶を開け、撹拌すると下には銀色の塊が.....溶けるまで撹拌し続けました。


 1本分投入しました。1本分で100リッター処置可能ということですが、タンク内の仕切り板の分は余計に必要なので、90リッターのSMタンクは足りるか微妙なところです。

 ゲージの取付ネジやドレンボルト部分はマスキングをしておきました。


 2時間ほどごろごろして塞いだ開口部を開けてみました。本来ならここで残ったタンクシーラーをタンク内から排出するのですが、かろうじて流動部分は若干残っていはいるものの、排出する程の量ではありませんでした。タンク内のタンクシーラーは、大分粘度が増しているようでした。2時間は長すぎたのかもしれませんね。仕切り板にも十分行き渡らせたかったので念を入れ過ぎました(笑)。

 最後に、マスキング部分を剥がし、パイプの部分にはエアーを吹き込み、タンクシラーでふさがれないようにしました。


 やっとでタンク処理が終わりました。タンクは重いのと、中が見えないということで辛い作業でした。胃カメラが欲しいですね。
 あと乾燥できれば救出にリーチがかかります。


2009 . 9. 18 59703Km 燃料タンク取り付け 所要時間 02時間 00分

 やっとで救出作戦も最終作業になりました。今日ですべての作業を終わらせる予定です。

 こんな露天の作業も今日で終わりかと思うと感慨深いものがあります。


 まずはタンクの取り付けです。

 ここにタンクが納まるわけですが、ここの錆錆は救出後自宅で処理することにします。


 おっと!タンクを載せる前にタンクシーラー処理の様子をお見せしておきましょう。

 こんな感じです。安心です。


取り付けはいたって簡単!トランクルームのフロアは今回は張らずにおきます。


燃料吸い口(?)取り付け

 ガソリンの吸い口を取り付けます。
 本来なら吸い口と車両側のホースの径が違うので、異径のジョイントが必要です。前に書いたとおり通常のホースで接続できるよう、外径8mmの銅パイプをろう付けしておきましたので通常のホースで接続可能です。


ゲージ取り付け

 修理を完了したゲージを取り付けます。


遮熱板取り付け
遮熱板取り付け

 今まで、時間が余ったらやろうと思っていた遮熱板の取り付けをします。アクセルケーブルを交換した時に外したままでした。最後の最後になってしまいました。

 4か所ボルトでの固定ですが、クリアランスが少ないので作業しづらいですね。


救出前最終整備

 明日の救出に向けての最終チェックをします。下回り、ブレーキ、ハイドロ関係等問題ないようです。

 ステアリングは少しずつ小刻みに戻しながら回していきます。20年以上動かされなかったシリンダーなのでゆっくりやさしく動かしました。

 セルフセンタリングもLHM漏れも大丈夫でした。


 ついに試走です。SMで走行するのは初めてです(笑)。感激の瞬間です。


 無事試走を終え、長らくお借りした場所の清掃を行い救出前整備の完了です。


2009 . 9. 19 59703Km 救出決行 所要時間 02時間 00分

 やっとでここまでこぎつけました。救出します。

 最近急に涼しくなり、つい先日まで酷暑の中、水を頭からかぶりながら作業したことを思い出すと感慨深いものがあります。

 これまでの間、作業スペースやエアーをを貸していただいたお店の方には感謝しております。ありがとうございました。

 実際SMに乗ってみると、乗り心地がハイドロっぽいのは感激です(あたりまえですが)。ロールの具合とかDSに近いような気がします。

 自宅まで搬送の途中、この車の存在を教えていただいたI氏のもとを訪ねました。
 I氏によると、I氏が初めてこのSMを見たときから比べると、さらに状態が悪くなっているとのこと。もう少し早くこのSMに出会いたかったです。

 無事ストックヤードまで自走できました。めでたしめでたし。


 しかしこれがゴールではなくスタートなのでした.......。